カテゴリー
あなたとつながる ジョッゴ通信 つながるコラム

オーダーメイド長財布の選び方とおすすめ8選!あなた好みの彩りを

自分好みのカスタマイズができるオーダーメイド長財布は非常に人気がありますが、本革製のレザーウォレットなのか、布製やナイロン製なのかなど素材はさまざまです。また、L字型ファスナータイプ・ラウンドタイプなど形状もさまざま。

また、オーダーメイドにもフルオーダーやパターンオーダーなど種類があり、値段の違いも見過ごせません。

ここでは、オーダーメイド長財布の選び方とおすすめをご紹介します。

オーダーメイドの長財布の選び方

オーダーメイド長財布の選び方

オーダーメイドの種類で選ぶ

オーダーメイドって、最近よく聞くようになりましたよね。少し興味があるけれど、あまり知らないという人も多いのではないでしょうか。

実は、ひとくちにオーダーメイドといっても種類があります。例えばスーツのオーダーメイドでは種類が多く、細かく分類されますが、財布の場合はもっとシンプルです。

本記事では長財布のオーダーメイドの種類について説明します。

パターンオーダーメイド

「デザインよりも、カラーやパーツで遊びたい」「ゼロから作るよりも、アレンジを加えたい」。そんな方には、パターンオーダーがおすすめです。

複数のサンプルを見ながら、用意されたデザインの型やパーツを選び注文するオーダーメイド。製法はミシン縫いです。

例えば、スーツのパターンオーダーメイドであれば袖や身丈の微調整ができ、好みのフィット感やサイズ感の再現が可能です。価格は5,000〜50,000円前後納期は約2~3週間かかります。

メリット

  • デザインの型が既にあるため、注文が簡単にできる
  • 納期が早い
  • オーダーメイドのなかでは低価格で購入できる

デメリット

  • デザインの細かい注文はできない
  • ミシン縫いが嫌な人(手縫いに比べるとほつれやすい)には向かない

 こんな人におすすめ

  •  オーダーメイド初心者の人
  • 費用をなるべく抑えたい人
  • 気軽にオーダーしてみたい人
  • プレゼント・ギフトに選びたい人

こんな方には、パターンオーダーがおすすめです。

フルオーダーメイド

「こんなアイテムがあったらいいな」「自分でデザインを考えて描くのが好き」「自分のイメージや創造力を形にしたい」。そんな方には、フルオーダーメイドがおすすめです。

専属の職人と話し合い、ゼロから100まで全てをハンドメイドで作り上げるのがフルオーダーメイド。最大の特徴はパターンオーダーメイドと違い、仮縫いの工程があります。

都度、型紙から作り始めるため、一人ひとりのこだわりに合わせて作れます。もちろん、職人の手縫いによって、ハンドメイドで全工程が進められます。そのため、できあがるまでには時間と費用が必要。

モノにもよりますが、納期はおおよそ3カ月~6カ月費用は30,000~350,000円ほどが目安です。

メリット

  • 個人の好みやこだわりに合わせた細かな採寸をして、仮縫いの段階(サンプル)を経て完成される
  • サイズやデザインへの要望を、納得がいくまで取り入れて仕上げられる

デメリット

  • 採寸から完成まで工程が長い
  • 時間とコストがかかる

こんな人におすすめ

  • すぐに品物が必要ではない人
  • 好みにあったデザインを細かく選びたい人
  • 価格を重要視せず、ゆっくりと完成までの時間を楽しめる人

こんな人にはフルオーダーがおすすめです。

形状で選ぶ

オーダーメイド革財布を形から選ぶ

オーダーメイド長財布にも、L字型ファスナータイプ・2つ折りタイプ・ラウンドタイプなどさまざまな形状があります。ライフスタイルや個人の好みに合った形状を選びましょう。

L字型ファスナータイプ

L字型ファスナータイプとは、その名の通りL字型をしたファスナーがついた長財布。ラウンド型に比べると片側のファスナーがないため、ワンアクション少なく開閉できます。

L字型ファスナータイプの長財布は、スッと財布が開けて、中身を一目で見渡せます。飛び出さない設計を施したファスナーのない小銭入れなら、すぐに現金を取り出せて便利。

会計時にスムーズな支払いができると、スマートな印象を残せますね。また、スリムなボディなのに、収納力はばつぐんです。

こんな人におすすめ

  • 財布を開く手間を減らしたい人
  • スリムな長財布を使いたい人

2つ折りタイプ

2つ折りタイプの長財布は、手にもポケットにもおさまりがよく、バッグの中でも邪魔になりません。携帯性があるのに必要なものは収納できるという、いいとこ取りの財布です。

デザインも、はやり廃りを問いません。常に安定的な人気を誇るのが、2つ折りタイプの長財布です。

こんな人におすすめ

  • シンプルでコンパクトな長財布が欲しい人
  • カードや小銭もきちんと入る長財布が欲しい方
  • 定番の形状なのでプレゼントやギフトにも選びやすい

ラウンドタイプ

長財布をぐるりと囲う、コの字型のファスナーがついているのが、ラウンドタイプです。

大容量で、たっぷりと収納できるのが最大の特徴。カードポケットも2つ折り財布の2~3倍あるものも珍しくなく、大きめのものだとレシートや通帳、パスポートまで収納できる容量を誇ります。

また、大切なお金とカードをしっかりと守ってくれる安心さも、魅力のひとつ。急いでいてバッグに雑にしまって走ったら、カバンの中にお金が散らばっていた!なんてことにはなりません。

こんな人におすすめ

  • 財布ひとつで管理したい人
  • カードをたくさん持ち歩く方
  • たくさん収納できる財布が欲しい人

素材で選ぶ

オーダーメイド長財布を素材から選ぶ

財布の素材には、大きく分けると以下の3種類があります。

  • 革製
  • 布製
  • ナイロン製

圧倒的に革製の財布が多く、革のなかにもさまざまな種類があります。しかし、近年は革製のデメリットをカバーできる特徴をもつ素材も。

用途に合わせて素材を選ぶことを、おすすめします。

革製

動物の皮をなめした本革。長い歴史を持ち、世界中の人々から愛され、使われ続ける本革には優れた耐久性と高級感があります。以下では、たくさんある本革の種類のなかから一部を紹介します。

ヌメ革

ヌメ革とは、革の表面に特別な加工をしていない本革のことを指します。牛が生きていた時の傷やシワはそのままに、自然の風合いを一番感じられる本革です。

また、特別な加工をしていないため、革製品の醍醐味でもある経年変化の現れも顕著です。

コードバン

「革のダイヤモンド」と称されるコードバン。馬のお尻の部分を使用しているため、馬一頭につき少ししか採取できません。そのため、希少価値の高い本革です。

経年変化によりツヤが増していく宝石のようなコードバンの本革は、高貴な雰囲気があります。

メッシュレザー

細く短冊状にカットした本革を編み込んだメッシュレザー。個性的なフォルムが、おしゃれ上級者に見えます。びっしりと並んだひし形の模様はモダンでスタイリッシュ。それでいて、和のテイストもどことなく感じられる、不思議な雰囲気をもっています。

型押し

柄物ではないものの、アレンジが効いていておしゃれな型押しは、パンプスやバッグでもよく見かけますよね。

型が付いているため多少の傷や汚れは見えづらく、各ブランドでも必ずと言っていいほど用意されているのが型押ししたアイテムです。

エキゾチックレザー

革財布の大半は牛革を使用していますが、主に牛・馬・豚以外の革のことをエキゾチックレザーと総称します。

クロコダイルやリザードはその名の通り、ワニやトカゲの革。高級感と、小さなアイテムでも圧倒的な存在感を放ちます。

布製

和小物などで使用される機会が多い布財布。非常に趣があってレトロな雰囲気が際立ち、かわいらしいデザインも豊富にあります。和装時のコーディネートに財布も合わせたい人や、自然派思考の方にもおすすめ。

ナイロン製

革を使用した素材を上記に挙げましたが、水に弱い点と比較的重い点がデメリット。また、本革財布は高価なため、傷や汚れを付けたくないですよね。屋外で作業をする方やアウトドアシーンには不向きです。

これら本革のデメリットを見事にカバーしている素材に、ナイロンがあります。ナイロンというと、マジックテープでビリビリと財布を開ける小学生男子をイメージする人も多いのではないでしょうか。

子どもっぽいと思われるかもしれませんが、ナイロン製財布は水に強く汚れが落ちやすい特性があります。軽くて持ち歩きやすいうえ比較的安価と、革にない魅力を持つ素材です。

アウトドアや旅行、フェスなどイベント時のために1つ持っておくのもいいですね。

JOGGOオーダーメイド本革長財布のおすすめ8選

JOGGOオーダーメイド財布のシミュレータ
JOGGOのオーダーメイド革財布のシミュレータ

スリム長財布(カード収納13段)

スリム長財布(カード収納13段) ¥16,280

スリム長財布は、薄型でスタンダードなデザインの本革財布です。角を直角に仕上げているので、スーツ姿にもバッチリ合うスタイリッシュな印象に。

薄型ですが13枚のカードが収納でき、小銭入れは浅い設計にしているため取り出しやすいなど、機能性にもこだわりました。スリムでスタイリッシュなデザインは、メンズ向け長財布としてとくにおすすめの本革財布です。

こんな人におすすめ

  • 大人っぽくビジネスシーンにも似合う財布が欲しい人
  • 男性へのプレゼント・ギフトを検討している人
  • 薄型でも、収納力が欲しい人

フラップバイカラー長財布(シングルホック)

JOGGO フラップバイカラー長財布
フラップバイカラー長財布(シングルホック) ¥16,280

フラップバイカラー長財布(シングルホック)は、スタイリッシュで使い勝手ばつぐんの本革財布。こちらもスリムながら、カードは14枚収納可能。どこにどのカードがあるか分かりやすいよう、見えやすい構造になっています。

背面には大きくて深いフリーポケットがあり、なんとスマートフォンまで入ります。パスポートや航空券などをひとつにまとめられるメリットもあるので、海外出張が多い方にもおすすめです。

各ポケットは取り出しやすい仕様となっているため、レシートや領収書をまとめて保管しておきやすく便利です。被せから少しだけ顔をのぞかせるカラーもアクセントになりますよ。

こんな人におすすめ

  • ポケットにスマートフォンと財布を入れ、そのほかに持ち歩きたいものがある人
  • 海外によく行く人
  • 財布ひとつでお金の管理がしたい人

Lファスナー長財布

JOGGO Lファスナー長財布
Lファスナー長財布 ¥16,280

Lファスナー長財布は、開閉の使いやすさにこだわったシンプルな本革財布。

先にもご紹介しましたが、L字型ファスナータイプとは、その名の通りL字型をしたファスナーがついた長財布のことです。

ラウンド型に比べ、片側のファスナーがないためスッと財布が開けて、中身を一目で見渡せる設計に。スリムさとスムーズさを求めて、小銭入れにはあえてファスナーをつけず、すぐに現金を取り出せるよう、こだわりました。もちろん、小銭が飛び出さないように設計しています。

こんな人におすすめ

  • スムーズな開閉ができる長財布が欲しい人 
  • スリムでかさばらない長財布が欲しい人

Lファスナー長財布(バイカラー)

JOGGO Lファスナー長財布(バイカラー)
Lファスナー長財布(バイカラー) ¥16,280

L字型ファスナー長財布のバイカラータイプは、カラーで個性を演出できる本革財布です。

カードポケットは8個、縦長のフリーポケットが2個という仕様で、普段使いに十分な容量を備えつつ、外装のデザインは2色の組み合わせが楽しめます。

シックなカラーを選べばメンズ向けに、写真のような明るいカラーを選べばレディース向けにもなるため、カラーを変えてペアで持つのも素敵ですね。プレゼントやギフトにもおすすめです。

目を引く配色で、周りの人とは被らない特別感を得られます。

 こんな人におすすめ

  • 黒や紺色の長財布が欲しいけれど、もう少しトーンの軽い印象にしたい人
  • 財布表面のカラーリングを楽しみたい人

シンプルラウンド長財布

JOGGO シンプルラウンド長財布
シンプルラウンド長財布 ¥16,280

上質な本革を感じられる、シンプルなデザインのラウンドファスナー長財布。

外装の見た目は1色ですが、ファスナーを開けた部分に4か所のカラーカスタマイズができるので、内側を鮮やかなカラーにするなど色のギャップを楽しめます。

100°までひらくマチ設計が施されているので、見やすく取り出しやすい仕様です。14か所のカードポケットと2つのフリーポケットは、使い勝手がよく男性からも支持が厚いアイテムです。

カップルでお揃いにする方もいらっしゃるなど人気があるラウンドファスナー長財布。メンズ・レディース問わないデザインのため、プレゼントやギフトにもおすすめです。

こんな人におすすめ

  • お金やカードの出し入れをスムーズにしたい人
  • どこに何のカードがあるか見つけやすい財布が欲しい人
  • 大容量でたっぷりと収納したい人

フラップバイカラー長財布(ダブルホック)

フラップバイカラー長財布(ダブルホック)
フラップバイカラー長財布(ダブルホック) ¥16,280

フラップバイカラー長財布(ダブルホック)は、シングルホックのタイプよりも締まりがより強固で、より安心できるデザインです。

ホックは2つ。カードをたくさん収納しても、締まりやすくなっています。シングルホックに比べ、角には少し丸みのあるデザインが施されています。

被せの部分が若干浅いため、後ろのカラーがより見えやすくおしゃれなバイカラーに。かわいらしいい印象となるのが特長のため、カラー次第でメンズ・レディースどちらでもお使いいただけます。

こんな人におすすめ

  • ついつい財布の中身が増えてしまいがちな人
  • 優しくかわいらしい財布が欲しい人

シンプルラウンド長財布(バイカラー)

シンプルラウンド長財布(バイカラー)
シンプルラウンド長財布(バイカラー) ¥16,280

表面のバイカラーと、丸みのあるゴールド金具の引手が上品なアクセントになる、シンプルラウンド長財布のバイカラータイプ。こちらは小銭入れが2つに分かれているため、お金の管理がしやすい特徴もあります。

100°まで開くため全体を見渡しやすく、収容力も抜群な、機能性にも富んだ長財布です。丸みのあるフォルムと優しいカラーが女性に人気のシンプルラウンド長財布(バイカラー)。レディース用のプレゼント・ギフトとしていかがでしょうか。

こんな人におすすめ

  • 女性へのプレゼントに
  • 大切な財布の中身をしっかり守れる安心感が欲しい人

ENISHIラウンド長財布

ENISHIラウンド長財布
ENISHIラウンド長財布 ¥30,800

オイルが染み込んだ本革のすべすべとしたなめらかな手触りや、上品な艶感が特徴です。優しく上品な雰囲気をだせるため、メンズ・レディースどちらにもおすすめ。特別なギフト・プレゼントに、ぜひお選びいただきたい一品です。

ハイエドラインであるENISHIシリーズは、全ての工程を国内の革職人がハンドメイドで制作している、Made in Japan。日本の本革のなかでも特に長い歴史がある姫路レザー、オイルスムースを使用しています。

こんな人におすすめ

  • 革製品にこだわりがある人
  • 希少性が高い革製品が欲しい人
  • メイドインジャパンの革製品が欲しい人

感動で繋がりを生み出すJOGGOって?

JOGGOのバングラデシュ工場の様子

差別や偏見を受けることなく安心して働ける環境を

レザーウォレットや革小物など、JOGGOの革製品はバングラデシュにある自社工場でつくっています。

私たちが、あえてバングラデシュに生産工場をもつ理由。それは、自社製品を通じて、バングラデシュの貧困や就労状況の改善に取り組んでいるから。

JOGGOの製品を買うこと=バングラデシュの社会貢献につながるのです。

JOGGOの製造工場があるバングラデシュは、かつては世界最貧国と言われたほど貧困率の高い国でした。近年は急激な経済成長で所得水準は向上してきていますが、その弊害で貧富の差が激しくなってしまいました。このため、経済成長を成し遂げてもなおアジア最貧国に甘んじています。

ジェンダー格差も根深く、若いうちに結婚させられて就学・就業機会を奪われたり、一方的に離婚されたり(多くは子どもを抱えています)しますが、そうした女性への偏見が大変に根深いため、仕事を得ることもままなりません。

このように、バングラデシュで女性が自立して生きていくのには大変な困難をともないます。

女性だけではなく障害者支援・バリアフリーへの意識もまだまだ高いとは言えず、社会的なサポートも不足するなかで、障がいを抱えた方々が職を得るのもまた困難な状態です。

現地の人に技術を教え、革職人を育成し地域の人々の雇用を創出する。感動でつながりを作れるよう、JOGGOでは自社の革製品づくりを通じて、愛用してくれるお客さまの喜びはもちろんのこと、製造者であるバングラデシュの労働者とその家族の生活を支えるべく活動しています。

サスティナブルなものづくり

JOGGOのベーシックラインに使われている本革は、すべてバングラデシュで年に一度行われる大切なイベント・イードで発生した皮です。イードは日本でいうお正月のような祝日で、神様や貧しい人たちに牛肉を振る舞うため大量に牛が消費されます。

JOGGOでは、今まですべて捨てられていたこの牛の皮に着目し、レザーアイテムに活用しました。JOGGOの革製品(レザーウォレット・革小物など)が高品質ながら手に取りやすい価格帯を実現している理由も、こうしたサスティナブルなものづくりにあるのです。

またハイエンドラインであるENISHIシリーズは姫路レザーであり国産牛のため、イードで発生した皮ではありませんが、こちらもすべて食用の牛から採れる皮を使っています。

お客さまだけではなく、自然環境にも喜ばれるサスティナブルなものづくりは、ソーシャルビジネスを展開するJOGGOの使命。限りある地球の資源を大切にする意識を、未来へつなげていきます。

JOGGO SCENE

かわいいだけじゃ、物足りない。

#オーダーメイド#ロングウォレット#ラウンドジップ

​​長く愛用したい、上質な本革で作られたレザーウォレット。

#レザーアイテム#オリジナル#スマートな暮らし

周りには気づかれない、ふたりで選んだお気に入り。

#カップルコーデ#お揃い#カップルフォト#大切な人へ

>> JOGGO 長財布ラインナップへ

カテゴリー
あなたとつながる ジョッゴ通信 つながるコラム

革製iPhoneケースの魅力やメリット・デメリットを解説!選び方のポイントも

各ブランドより安価なものから1万円以上の価格帯、使用している素材にこだわったものなど、さまざまなiPhoneケースが販売されています。正直なところ、これだけ多くのiPhoneケースが販売されていると、どれを選んでよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、革製のiPhoneケースを検討なかの方にも分かりやすく、魅力、メリット・デメリット、選び方のポイントを解説します。

記事後半では、こだわり抜いた牛本革を使用し、14色のオリジナルレザーから気軽に配色パターンをカスタムオーダーできるJOGGOブランドのiPhoneケースもあわせてご紹介します。

JOGGO の iPhone・スマホケース

革製iPhoneケースの魅力とは

iPhoneケースにはさまざまな素材があります。毎日必ず使い持ち歩く貴重品、せっかくなら手触りがよく、どんなシーンも上品でスマートに魅せてくれる革製iPhoneケースを使ってみませんか。

革製iPhoneケースは、プラスチック製よりも圧倒的に高級感があり、なんといってもおしゃれ。行動心理学の専門用語で「拡張自我」という言葉がありますが、私たち人間は、身の回りのものも含めて、自分と認識しているのだとか。つまりボロボロのものをいつも身に着けていれば、自分はボロボロのものがふさわしい、高級品を身に着けていればそれが「自分らしい」と無意識のうちに思いこむのです。

全てのものを高級品にするのは難しいですが、iPhoneケースであればバッグや洋服よりも手が出しやすい価格帯ですよね。毎日手に取り、目に入るiPhone。これを機に本革のiPhoneケースに挑戦してみてはいかがでしょうか。

テーブルに置かれたiPhone・スマホケース

革製iPhoneケースのメリット

近年流行っている、「丁寧なくらし」。安いから、使えるものならなんでもいい、といった視点で製品を選ぶのではなく、いいものやお気に入りのものを長く使っていきたい。そんな人に革製品はとてもおすすめです。

革製iPhoneケースのメリットとして、大きな4つのポイントを挙げてみました。

  • 上品でおしゃれな印象
  • 手触りのよさ
  • 傷や汚れが目立ちにくい
  • 経年変化の楽しみ

上品でおしゃれな印象

 電車のなかにいる人や周りの友人のiPhoneケースを見てみてください。年齢層にもよりますが、財布やバッグは本革製品を使っていても、革製のiPhoneケースを使っている人は少ないのではないでしょうか。プラスティック製のケースを使っている人が、圧倒的に多く見られます。その分、本革製のiPhoneケースは上品でおしゃれ、大人な印象に。ビジネスシーンや高級なレストラン、ホテルに行った際も相性ばっちりです。

手触りのよさ

本革製のケースは柔らかいため、持った時に手にしっかりフィットして馴染みやすく、すべすべとした手触り。心地よくてつい触りたくなってしまうのも人気のポイントです。

傷や汚れが目立ちにくい

一日に何回も触るうえ、毎日持ち歩くから汚れやすいiPhoneケース。使っていくうちに細かい傷がついたり、爪で引っ掻いてしまったりと、いつの間にか多くのダメージを受けています。

自分のものだと見すぎて逆に気にしない人が多いですが、改めてみると汚れているもの。プラスチックや綿でできているものだと黒ずむこともあり目立ちやすいです。

その点、本革製だと傷や汚れが目立ちにくいですし、むしろ革製品としての味わいにもなります。なるべく汚れを避けたい人であれば、補修クリームやマニキュアなど革のお手入れアイテムがたくさんあるので、メンテナンスしてください。

また、「クロム鞣(なめ)し」「顔料仕上げ」のなめし方と染料仕上げで作られたものであれば、より傷も目立ちにいので、新品のような美しさを長く楽しめます。

経年変化の楽しみ

革製iPhone・スマートフォンケース

革製iPhoneの特徴である経年変化。毎日触れるスマホケースは、本革製品のなかでも経年変化が起きやすいアイテムです。

特にヌメ革など植物タンニンでなめされているものは、使っていくうちにどんどん艶が増します。深みのある独特の色合いになる経年変化を楽しめます。日に日に自分だけの色を持ったスマホケースになるので、いつまでも飽きることなく使えます。買った日の写真を撮っておくと変化が比べられて面白いですね。

ただ、なかには経年変化特有の色味が苦手な人もいるでしょう。 その場合「クロム鞣(なめ)し」「顔料仕上げ」と記された本革のスマホケースがおすすめです。 新品の時の鮮やかな色を長く楽しめますよ。

革製iPhoneケースのデメリット

革製 iPhoneケース

周りと差がつけられ、上品でおしゃれな革製iPhoneケースですが、なかにはこんなデメリットもあります。

  • 高価である
  • 水や薬品に弱い

高価である

安いものであれば300円、や100円ショップでも購入できるiPhoneケース。ねでもさまざまなタイプがあり、実に数多くの商品が低価格で売られています。

素材にこだわらない、とにかく価格重視の人や、新しいiPhoneが発売されるたびに機種変更する人にとっては、革製iPhoneケースは高価だと感じてしまうでしょう。

水や薬品に弱い

加工方法や革の種類にもよりますが、本革は濡れるとシミになったり、水膨れを起こして傷つきやすくなったりします。 革の脂分が抜けて風合いが変わってしまうことも。

 革の芯まで水分が浸透してしまった場合、乾燥するまでの間にひび割れたり、変形する可能性も出てきます。また、薬品が付着することで色が変色する場合もあります。本革製のiPhoneケースは、プラスチックやシリコン製と比べるとデリケートな素材なので、水や薬品がつかないように気を付けなければいけません。

革製iPhoneケースの選び方について

iPhoneケースの写真

革製iPhoneケースがおすすめ!といっても、カバータイプや手帳タイプといったタイプの違いや、革の選定基準にこだわった日本製のもの、職人により丁寧なハンドメイドをしているもの、日本製ヌメ革など高品質素材を採用したものなど、さまざまな違いがあります。

  • タイプで選ぶ
  • ハンドメイドの有無で選ぶ
  • 国産レザーブランドで選ぶ
  • 風水で選ぶ

タイプで選ぶ

カバータイプ

販売されているなかで一番種類が多い、ベーシックなタイプのカバーケース。シンプルでかさばらず、革でも重くなったり大きくなってポケットに入りにくかったりすることもありません。

世界的に有名なファッションブランドも多く販売しており、デザインが豊富にあるため、選ぶのに迷ってしまいますね。

手帳型タイプ

定期券やICカード、すぐ取り出したいチケットなどをはさんでおける手帳型は、常に高い人気を誇るタイプ。なかには鏡がついているタイプもあり、実用性に富んでいます。

しっかりと口が締まるタイプであれば、落としてしまった時も安心。iPhoneの画面がバキバキに割れてしまう危険も少なくなります。

ポーチタイプ

ショルダーがついているタイプのiPhoneケース。上記のふたつと比べたら、少しめずらしいかもしれません。ミニバッグのように持ち歩けて、ファッションの一部になります。

内側にカードを入れられるポケットつきのものもあるので、電子決済を利用する方であれば近所へ買い物や、ちょっとした外出時にもおすすめ。レディースの洋服にはポケットがないものが多いため、ショルダータイプは重宝しますよ。

ハンドメイドの有無で選ぶ

ハンドメイドとは、機械ではなく人の手作業で作られている製品を指します。職人が一つひとつ丁寧に仕上げ、美しいステッチや革ならではのエイジングが特徴です。

特に量産品ではない点から、「人と同じものばかり持ちたくない」「流行品やブランドものよりも世界に1つだけのアイテムに価値を感じる」と考える方には、ハンドメイドの革製iPhoneケースがいいでしょう。

しかし、ハンドメイド革製品といっても職人の経験値や革の材質によって、品質が左右されたり、劣化しやすくなっったりしてしまうことも。購入時の見極めも必要になってきます。

国産レザーブランドで選ぶ

栃木レザー

栃木レザーとは、栃木レザー株式会社が製造する革を指します。 栃木レザーは、日本製ヌメ革を代表する高品質レザー 昔ながらの加工方法でじっくり時間をかけて処理されたヌメ革は、手触りのよさと革本来の美しさを味わえるため、多くのブランドから支持されています。

このような高品質レザーは、艶や色に深みが増していく経年変化もはっきりと現れるので、オリジナリティを出したい時にもおすすめ。 耐久性に優れており丈夫なので、革小物でも長く使い続けられる点がうれしいポイントです。

姫路レザー

姫路市は皮革産業がとても盛んな地域として知られており、その歴史は古く、平安時代から続いています。なんと、国内に流通している革の70%はこの姫路レザーによるもの。

昔から代々続いているタンナー(動物の皮をなめし、製品の用途に合わせて加工し革にする人や企業)の数は、姫路レザー有限会社をはじめとして100を超えるのだとか。

姫路レザーとは、タンナーそれぞれが精製した革を総称したものをいいます。そのためタンナーによっての特徴や得意としている部分が異なり、さまざまな種類の本革が存在しています。このバリエーションの豊富さを楽しめるのも、姫路レザーらしさといえます。

後述しますが、JOGGOのENISHIシリーズはこの姫路レザーを使用しており、「クロムなめし」と呼ばれる加工法が採用されています。クロムなめしは、耐久性が高く傷つきにくい、伸縮性や柔軟性に優れる、熱に強い、経年劣化が出にくい、といった特徴を持つ加工方法です。

イタリアンレザー

イタリアンレザーは、イタリアで作られる革製品の総称で使われていますが、本来の意味のイタリアンレザーとは天然オイルを使用して皮から革へとなめす、イタリア伝統の製法で作られた革のことです。

天然のオイルを使用することで革に綺麗なツヤを生み出し、長年の使用によって生まれる革の変化を楽しめるイタリアンレザーは、世界中で愛されています。オイルの違いなどでさまざまな種類があり、それぞれ違った魅力を楽しむことが可能です。

風水で選ぶ

最近ついていないことが多い気がする…、運気が下がってきている気がするといったお悩みや、もっと強運になりたいといったご希望は、スマホケースを変えるだけで効果があるかもしれません。

運なんて実態がない、うさんくさいと思う方もいるかもしれませんが、あの秋元康さんも「成功は才能1%・努力1%・運が98%」というように、成功者ほど運の力を信じています。

そもそも風水とは、自分の身の回りのものや環境を使い、自分の運気を高めていくこと。その重要な要素の一つに「色」があります。

例えば、赤にはチャンスをつかむ、変化できるなどの効果が高いといわれています。

このように、運気を高める色を意識することで、運気アップを狙えます。 部屋の模様替えやアクセサリーに風水を取り入れることは多いかもしれませんが、毎日使うスマートフォンでも運気のアップを狙えます。

JOGGOの革製iPhoneケースの魅力を紹介

JOGGOの赤いマルチスマホケース

カラーリングのセミオーダーメイドができる本革製品ブランドとして有名なJOGGO。レザーウォレット、長財布などの革財布やパスケース、バッグなど革製品や、キーケース、名刺入れ、コインケース、定期入れなど革小物のラインナップのほかにも、革製iPhoneケースの種類もたくさん用意しています。

たった一つのオリジナル革製iPhoneは、自分で使うのも、誰かにプレゼントとして贈るのもおすすめ。ここではその魅力とJOGGOについて紹介します。

  • 14色の本革オリジナルレザーで気軽にカスタムオーダー
  • 高品質な本革なのにリーズナブル
  • 全機種対応マルチスマホケースも
  • 縁(パイピング)の配色もあなた好みに演出
  • 忘れられないギフト体験を
  • ちょっとしたプレゼントに最適

14色の本革オリジナルレザーで気軽にカスタムオーダー

自分の好みやイメージを形にできる、オーダーメイド。

JOGGOは、配色を自分で選べるセミオーダー形式です。14色の定番色から配色のみを組み合わせるだけのカスタマイズ。簡単にあなただけのオリジナルのカラーリングを楽しめます。

14色の組み合わせ方次第で、iPhoneケースをはじめ革財布などの雰囲気は自由自在。一番パーツの少ない商品(革パーツ4カ所)でも色の組み合わせを計算すると、なんと3.8万通りも選べる計算に。これなら人と被るほうが難しい、自分だけのオリジナルになります。

オーダーメイドの仕方も、ネット上の専用ページから各パーツをタップするだけ。簡単にデザイン完了です。または『おすすめの配色から選ぶ』 ボタンから人気のデザインをそのまま注文しても、一部を色変するのもおすすめです。

高品質な本革なのにリーズナブル

高品質な本革なのにリーズナブルな点は、JOGGOの大きな魅力の1つです。

生産拠点がバングラデシュであることと、現地で品質の安定した牛革を入手できる独自のルートを持っているため、他社と比べて低コストで高品質なものを作れるのです。革製のiPhoneケースを使ってみたいけれど、価格がネック。そんな方にはぜひJOGGOのiPhoneケースをお試しいただきたいです。

全機種対応マルチスマホケースも

iPhoneだけではなく、ほかのスマートフォンにも対応できるマルチタイプのカバーも用意しています。また、毎年新しいモデルが発売され続けるiPhone。iPhoneケースはおしゃれなデザインのものやファッションブランドからもたくさん発売されていますが、どんどん新しいデザインになってしまい、気づけば自分のiPhoneタイプと合うケースがなくなってしまった、ということはありませんか?JOGGOの全機種対応型タイプのケースであれば、心配いりません。

縁(パイピング)の配色もあなた好みに演出

カラーリングを楽しむブランドのJOGGO。もちろん、縁(パイピング)のデザインまで配色できます。色の割合は少ないですが、全体のデザインであなどれないポイント。反対色の組み合わせによってパキっとアクセントになりますし、あえて同系色にすれば統一感も出せます。

忘れられないギフト体験を

友人の誕生日、恋人のクリスマスプレゼント、両親の還暦祝いや母の日、父の日、転職する同僚への送別の品。人へ贈り物をする時は、何をあげようかと考えている時間が楽しい反面、喜ばれるプレゼント何なのかと、悩ましいですよね。贈る物はもちろんのこと、ラッピングや細かな配慮で印象に残る、JOGGOのギフト体験をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


贈る相手をイメージしながら色の組み合わせを考えて決めたデザインに、名前の刻印ができます。世界でたったひとつの、特別な贈りもの。JOGGOではそのプレゼントの際、演出にもこだわっています。


高級感のあるネイビーのボックスに、シルバーのリボンでラッピング。そして、ぜひ体験していただきたいのが『デザイナーラベル』です。こちらは追加料金なしでプラスできます。

これは、「designed by 〇〇」 とデザインした人のお名前を印刷した帯をプレゼントに包み、箱のなかに封入するサービスです。写真のように、ボックスを開けた瞬間、「designed by sayaka」 と書かれている帯が目に入ります。贈り主のことを思いながらプレゼントを開封するでしょう。

デザイナーラベル

ちょっとしたプレゼントに最適

豪勢に祝う感じではないけれど、安っぽいものはプレゼントしたくない、あげられない。プレゼントって、世代やメンズ、レディースといった性別を考えると実は難しいもの。悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか?

iPhoneケースは、使っている人が多いのでおすすめです。全機種対応型ケースのため「〇〇さん、今iPhoneいくつ使ってたっけ?急に聞くのも変だしなぁ…」と悩む必要がありません。なかなか々買えるタイミングがなくずっと同じケースを使っている人も多いので、きっと喜んでいただけますよ。

プレゼントの際は、お相手の名入れ刻印をしてみてください。特別な一品になりますよ。

JOGGOの革製iPhoneケースのおすすめラインナップ!

JOGGOの革製品はiPhoneケースだけではなく、各種スマートフォンに対応できるマルチタイプのものもS.M.Lにサイズ分けしているため、どんなスマートフォンでもマッチします。自分で選んだ色合いと、本革のよさが楽しめるJOGGOの革製iphoneケースのおすすめを紹介します。

スマートフォンケース手帳型(iPhoneX)

JOGGO 手帳型スマートフォンケース(iPhoneX)
スマートフォンケース手帳型(iPhoneX) ¥6,490

手帳型のiPhoneXケース。大切なスマホを守るベルト部分は、磁波の影響を防ぐため、あえてマグネットを使わない本革仕様に。手になじむしっとりとした革質は、時が経つほど愛着のわく商品です。また、その革が衝撃を吸収するため、万が一落としても、画面割れの心配はありません。

JOGGO スマートフォンケース手帳型(iPhoneX)口コミ
素材牛革(オリジナルレザー)
収納カードボケット2つ
サイズ高さ150×幅77×厚み17mm見開き部分:幅164mm
重さ85g
対応機種iPhoneX

パイピングスマホポーチ

JOGGO パイピングスマホポーチ
パイピングスマホポーチ ¥9,800

ショルダーひもつきのポーチ型。両手が空き、スリムながら鍵など小物もはいるので、ちょっとそこのコンビニまで、コインランドリーまで、ワンちゃんのお散歩へ行ってくる時に絶妙な便利さです。

旅行・キャンプなどで最低限の収納が可能で、手ぶらで動けるのもうれしいポイントですね。バッグの縁(パイピング)の色を変えられるのが特徴。

素材牛革(オリジナルレザー)、リサイクルPU(メッシュ)
収納カードボケット2つ
サイズ本体:横:160mm/縦:170mmストラップ:1220mm(調整可能)
重さ135g
ご注意・600g以上の荷物をなかにいれないでください。破損の原因になります。・ストラップは必要以上に引っ張らないでください。破損の原因になります。

マルチスマホケース手帳型(Sサイズ)

JOGGO マルチスマホケース手帳型(Sサイズ)
マルチスマホケース手帳型(Sサイズ) ¥6,490

iPhoneだけでなく、GALAXYやXperiaなど各種スマートフォンに対応できるケースのSサイズです

内側にはカード入れが2つついています。クレジットカードやPASMO・Suicaなど交通系ICカード、ポイントカードなど、お好きなカードを入れて、スリムかつスマートにお使いください。

カードケースは2箇所
素材牛革(オリジナルレザー) / 3M粘着シート
収納カードボケット2つ
サイズ【閉】横73mm/縦144mm【開】横165mm/縦144mm(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
対応機種についてiPhone 6s /  7 /  8 /  SE /  12 mini / Galaxy Feel

マルチスマホケース手帳型(Mサイズ)

マルチスマホケース手帳型(Mサイズ)
マルチスマホケース手帳型(Mサイズ) ¥6,490

iPhoneだけでなく、GALAXYやXperiaなど各種スマートフォンに対応できるケースのMサイズです。

エッジのパイピングがデザインのアクセントに。ベースの色と同系色にすれば全体のバランスがとりやすく、反対色にすればアクセントカラーとして使えます。

素材牛革(オリジナルレザー) / 3M粘着シート
収納カードボケット2つ
サイズ【閉】横80mm/縦153mm【開】横167mm/縦153mm(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
対応機種についてiPhone X / XS / 11 pro / 12 / 12 proAQUOS sense / sense 2 / sense3 / sense4 /  sense5G Google Pixel 4a / Pixel 5 / arrows Be / Galaxy S9 / Xperia XZ1 /  HUAWEI P20 lite / BASIO3 / arrows Be
ご注意横:76mm/縦:153mm/厚み:11mmまでのスマートフォンに対応。(ケース込で計測)

マルチスマホケース手帳型(Lサイズ)

マルチスマホケース手帳型(Lサイズ)
マルチスマホケース手帳型(Lサイズ) ¥6,490

iPhoneだけでなく、GALAXYやXperiaなど各種スマートフォンに対応できるケースのLサイズです。

毎日触れるものなので、触り心地をよくするためにクッション素材を入れています。厚すぎず薄すぎず、ちょうどよい厚みになっています。

素材牛革(オリジナルレザー) / 3M粘着シート
収納カードボケット2つ
サイズ【閉】横88mm/縦166mm【開】横181mm/縦166mm(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
対応機種についてiPhone 7 Plus /  8 Plus / XR / 11 / 12 Pro Max /Xperia 1 II /  5 II /  10 II / AQUOS sense3 plus / Galaxy S20 5G / Redmi Note 9T
ご注意横:82mm/縦:166mm/厚み:12mmまでのスマートフォンに対応しています。(ケース込で計測してください)

ENISHI スマホケース(iPhoneSE第2世代/7/8)

ENISHI スマホケース(iPhoneSE第2世代/7/8)
ENISHI スマホケース(iPhoneSE第2世代/7/8)¥9,900

日本の職人が多く集まる姫路の国産革を使ったENISHIシリーズiPhoneSE第2世代/7/8 対応手帳型スマホケース。独自のスリットデザインでシンプルで大人な印象に。

ボリュームボタンも操作しやすい設計になっています。毎日使うものだからこそ、柔らかな手触りの本革製ケースを。経年変化によって自然な高級感も加わります。

また、ENISHIシリーズの刻印は、開いて左手の内側に入るようにしています。

素材牛革(姫路レザー) / 3M粘着シート
収納スマートフォン / カード3枚
サイズ【閉】横80mm/縦143mm【開】横162mm/縦143mm(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
ご注意対応機種についてiPhone SE第2世代 /7/8

ENISHI スマホケース(iPhone11)

JOGGO ENISHI スマホケース(iPhone11)
ENISHI スマホケース(iPhone11) ¥9,900

日本・姫路の国産革を使ったENISHIシリーズiPhone11対応手帳型スマホケース。

国産レザーブランドの項で先述した、姫路レザーを使用しています。“タンニン(植物性)”と“クロム(化学薬品)”を組み合わせたコンビ鞣(なめ)しの加工法のため、発色のよさとエイジングの両方を併せ持つ革に仕上がりに。

採用した革はタンニンの割合が多いため、高級感のある自然なムラやナチュラルな革の表情を楽しめるので、本革好きにはたまらない一品です。

素材牛革(姫路レザー) / 3M粘着シート
収納スマートフォン / カード3枚
サイズ【閉】横88mm/縦154mm
【開】横180mm/縦154mm
(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
ご注意対応機種についてiPhone 11 

ENISHI スマホケース(iPhone11Pro)

ENISHI スマホケース(iPhone11Pro)
ENISHI スマホケース(iPhone11Pro) ¥9,900

日本のブランドレザー姫路の国産革を使った、ENISHIシリーズiPhone11Pro対応手帳型スマホケース。

ENISHIシリーズは革をつくる工程でオイルを染み込ませているため、マットな質感はそのままに、しっとりとした表面に仕上がっています。ブランドによってオイルの量は異なりますが、ENISHIの革は主張しすぎない上品な艶や、輝きが出るようタンナー秘伝の技で調節されています。

素材牛革(姫路レザー) / 3M粘着シート
収納スマートフォン / カード3枚
サイズ【閉】横82mm/縦150mm【開】横167mm/縦150mm
(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
対応機種についてiPhone 11 Pro 

ENISHI スマホケース(iPhone12/12Pro)

ENISHI スマホケース(iPhone12/12Pro)
ENISHI スマホケース(iPhone12/12Pro) ¥9,900

こちらも姫路の国産革を使ったENISHIシリーズiPhone12Pro対応手帳型スマホケースです。

お気に入りのケースをお持ちの場合に使えるよう、プラスチックのスマホケースを本体に貼り付けず、同梱してお送りします。

閉じたままでもサウンドのオン/オフや音量の調整ができるよう、本体のサイドにスリットが入っています。

素材牛革(姫路レザー) / 3M粘着シート
収納スマートフォン / カード3枚
サイズ【閉】横88mm/縦154mm
【開】横180mm/縦154mm
(ベルトを含まない本体のみのサイズ)
対応機種についてiPhone 12 /12 Pro

>> JOGGO スマホケースラインナップへ 

カテゴリー
あなたとつながる ジョッゴ通信 つながるコラム

JOGGO(ジョッゴ)のオーダーメイド財布の魅力とは? 特徴やラインナップを紹介

「自分のイメージ通りのお財布が欲しい」

「世界に1つだけ、一点ものに惹かれる」

「パートナーには、ありふれたものよりも何か特別感のある感動的な贈り物をしたい」

そんな方におすすめなのが、JOGGO(ジョッゴ)のオーダーメイドの本革財布。高品質な本革を使い、色やデザインを好みにあわせてオーダーメイドできます。

でも、オーダーメイドを頼んだ経験がない。

サイズとか形とか、選ぶのに時間がかかって面倒くさそう。

あまりデザインセンスに自信がないけど、うまくできるのかな?

そう感じてしまう方も多いでしょう。

「自分の自由にしたい!」と思いつつも、全く規定がなく「ご自由にどうぞ」と言われると、どうしたらいいか分からないもの。

そんな不安や苦手意識のある方でも大丈夫です。なぜなら、JOGGOの本革財布のオーダーメイド方法はWebページ上で配色を選択するだけだからです。JOGGOでは誰でも簡単な方法で、気軽にオーダーメイドを楽しめます。

本記事では、オーダーメイド本革財布の選び方と、JOGGOの本革財布のラインナップをご紹介します。

ぜひ購入の参考にしてみてください。

JOGGO(ジョッゴ)とは?

ブランド名JOGGO(ジョッゴ)
設立2014年
商品ラインナップ財布・コインケース・名刺入れ・手帳カバーなど
価格帯16,200円~30,800円
特徴14色の本革から配色できるオーダーメイドアイテム

JOGGO(ジョッゴ)ブランドの特徴

  • 感動で繋がりを。世界に1つだけのレザーアイテム
  • 誰でも簡単につくれる!14色から選べるオーダーメイドカラー
  • 購入するとバングラデシュの貧困問題に貢献できる
  • サスティナブルなものづくり

感動で繋がりを。世界に1つだけのレザーアイテム

皆さんは座右の銘や、人生の目標にしている言葉はありますか? 

JOGGOは「感動でつながりを」の信念のもと、本革財布(レザーウォレット)をはじめとした革製品、革小物などのレザーアイテムを生産するビジネスを展開しています。

「大切な人やお世話になった人へ、想いが伝わるギフトやプレゼントをしたい」

「世界に1つだけの、特別なものを贈りたい」

「みんなが持っているはやりのブランドより、自分らしさのあるお気に入りのアイテムが欲しい」

JOGGOはそんなあなたのこだわりを形にし、人々の想いをつなぐブランドです。

誰でも簡単にできる!14色から選べるオーダーメイドカラー

14色の革色から選べるJOGGO

「オーダーメイドアイテムはつくるのに時間と手間がかかる」「考えるのが難しい」そう思っていませんか?

JOGGOではカラーの組み合わせでオリジナルアイテムをつくる、セミオーダー形式を採用。そのため、JOGGOのオーダーメイド革製品は、外装・内装の配色をWebページで選んでタップするだけと、難しくありません。

誰でも簡単にオーダーメイドのレザーアイテムをつくれます。

オリジナルレザー14色から選べるので、組み合わせ数は無限大です。同じアイテムでも、配色によってみせる表情や雰囲気がガラッと変わりますよ。

本革財布(レザーウォレット)意外にも、コインケースやキーケースなどの革小物も、世界にたった1つのオリジナルアイテムに変わります。

購入するとバングラデシュの貧困問題に貢献できる

JOGGOは社会問題を解決する取り組みや、地球の資源を有効活用するソーシャルビジネスを目的に創業された会社です。

そのため、JOGGOのレザーアイテムを購入することは、さまざまな社会貢献につながります。

アジアのなかでも劣悪な労働条件・環境により、高い失業率が貧困の原因となっているバングラディシュ。JOGGOでは貧困問題を解決するために、バングラディシュに自社のレザーアイテムを生産する工場を設立しました。

現地のバングラデシュの人に本革加工の技術を教え、革職人を育成し地域の人々の雇用を生み出しています。

感動でつながりを作れるよう、JOGGOでは自社の革製品づくりを通じて、愛用してくれるお客さまの喜びはもちろんのこと、製造者であるバングラディシュの労働者とその家族の生活を支えるべく活動しています。

サスティナブルなものづくり

JOGGOのベーシックラインに使われている本革は、すべてバングラディシュで年に一度行われる大切なイベント「イード」で発生した牛皮です。

イードは日本でいうお正月のような祝日で、毎年牛肉を大量に消費します。

JOGGOでは捨てられることが多かった牛の皮に着目し、レザーアイテムに活用しました。

また、ハイエンドラインであるENISHIシリーズは姫路レザーを使用しています。

姫路レザーは国産牛の皮を使っており、イードで発生した皮ではありません。しかし、姫路レザーもすべて食用の牛から採れる牛皮を使用しています。

JOGGOでは、こうしたサスティナブルなものづくりを心がけ、限りある地球の資源を大切にする意識を未来へつなげていきます。

JOGGO(ジョッゴ)ブランドの魅力

  • 飽きのこないシンプルデザインで永く使える
  • 質の高い牛革を使用した手触りのいい本革
  • 高品質かつリーズナブル

飽きのこないシンプルデザインで永く使える

JOGGOのレザーアイテムはすべて、世代や流行を問わないシンプルなデザインです。
配色の組み合わせや、カラーリングを楽しめるブランドのため、それを邪魔しないようベストなデザインにしました。

飽きがこないベーシックな形のため、永く愛用できるうえ、プレゼントやギフトとして贈る際にも好みに悩みません。メンズ・レディース問わず使用できるデザインも魅力です。

質の高い牛革

高品質なJOGGOの革

JOGGOのベーシックラインの革製品には「ステアハイド」という種類の天然の牛革を使用しています。
ステアハイドは生後2年を経た雄牛から採れる革で、出産数が多く、流通と品質が安定しやすいことで有名です。

JOGGOはステアハイドの銀面(革の表面)の美しく仕上がる点や、耐久性に優れている点に着目し、質の高い革製品づくりを叶えています。永く愛用していただけるよう、高い品質と耐久性にこだわりました。

高品質なのにリーズナブル

JOGGOのアイテムはすべて本革なのにもかかわらず、ベーシックラインの長財布でも16,200円、ハイエンドラインであるENISHIシリーズでも3万円前後で購入可能です。

ほかの本革製品やオーダーメイドできるブランドと比較すると、かなりリーズナブルな価格帯です。

「本牛革なのにこの値段で買えるの?」「永く使いたいけど丈夫なのかな?」と不思議に思う方もいるかもしれません。

高品質でありながらこのような価格にできる理由は、バングラディシュに工場を構えているためです。

バングラディシュでは光熱費や賃料などの物価が日本よりも非常に安くコストカットできることから、この価格を実現しています。


オーダーメイドかつ本革製品であることを考えると、リーズナブルなJOGGOの革製品。しかし、基本的にすべて受注生産です。

工場で流れ作業をして大量生産されるものではなく、革職人一人ひとりの手によって、ハンドメイドで丁寧に仕上げられているため、高い品質を保てています。

オーダーされてから制作に着手するため、届くまで時間は少しかかりますが、その分想いのこもったものになるでしょう。

高品質かつリーズナブルなJOGGOの革製品は、オーダーメイドという価値も加わることで、より魅力度がアップします。そのため、メンズ・レディース問わず、プレゼントやギフトにも喜ばれています。

JOGGO(ジョッゴ)オーダーメイド革財布の選び方

  • 選び方1:形状で選ぶ
  • 選び方2:素材で選ぶ

選び方1:形状で選ぶ

JOGGOの革財布には多くの種類があります。
「どのタイプにどんな特徴がある?」

「自分が一番満足できるお財布はどのデザインだろう?」

ここでは、そんなみなさんのニーズにマッチする財布の種類をご紹介します。JOGGOで取り扱いのある7種類のお財布を、形状と素材に分けて解説します。
あなたのライフスタイルや好みに合ったタイプのお財布が見つかるはずです。ぜひ購入時の参考にしてください。

Lファスナータイプ

Lファスナータイプとは、その名の通りL字型をしたファスナーがついた財布です。

Lファスナーのメリットは、以下の2つ。

  1. スムーズな開閉できる 
  2. スリムでかさばらない長財布

ラウンド型に比べると、片側のファスナーがないためワンアクション少なく開閉できます。スッとお財布が開けて、中身を一目で見渡せる設計です。

スリムさとスムーズさを求めて、小銭入れにはあえてファスナーをつけず、すぐに現金を取り出せるようこだわりました。

もちろん、小銭は飛び出さないような設計をしています。

Lファスナー長財布
Lファスナー長財布 ¥16,280

「財布にはたくさん収納したいけど膨らまないものがいい」

「必要なお金やカードをすぐ取り出したい」

そんな方にぴったりなのが、Lファスナー長財布。

Lファスナー長財布は、財布に大切なものを収納し管理したい方におすすめ。JOGGOのLファスナー長財布は、12枚のカードが入る本革財布です。 

スリムさと収納力、機能性を併せ持つ、いいとところどりのお財布に仕上がりました。支払いがスムーズに済ませられる、スマートさも感じてください。

 外装のカラーは一色ですが、内装のカラーが横から見ると差し色になり、さり気ないおしゃれを演出してくれます。

Lファスナー長財布(バイカラー)
Lファスナー長財布(バイカラー) ¥16,280

こちらは、Lファスナー長財布のバイカラータイプ。カードポケットは8個、縦長のフリーポケットが2個の仕様で、普段使いに十分な容量を備えつつ、外装のデザインは2色の組み合わせが楽しめます。

鮮やかなバイカラーが表側に出るため、華やかで印象的なビジュアルになります。

二つ折りタイプ

手にもポケットにもおさまりがよく、バッグの中でも邪魔にならない。はやり廃りを問わない、常に安定的した人気を誇る2つ折りタイプのお財布です。

JOGGOでは、必要なお金とカードが入るけれどかさばらない、コンパクトな2つ折り財布にこだわりました。

2つ折り財布(小銭入れ付き)
JOGGO2つ折り財布(小銭入れ付き)
2つ折り財布(小銭入れ付き)¥15,180

「シンプルで持ち運びやすく、きちんとカードも小銭も入る使いやすいお財布がいい」

そんな方におすすめなのが、8カ所のカラーカスタマイズが可能な2つ折り財布。開いて左側に4つのカードポケット、右側に小銭入れを配置した定番型のモデル。

使いやすく、ポケットにも入るおさまりのいいサイズ感に仕上げました。

2つ折りミニ財布
JOGGO 2つ折りミニ財布
2つ折りミニ財布 ¥10,780

「キャッシュレス化が進んで、お財布はカードと小銭が少し入れば十分」

「なるべく身軽に過ごしたい」

「ちょこっと近所に用事があるときに使うお財布が欲しい」

 そんな方にぴったりな、スリムなミニ財布。 小銭・お札・カードをすべて収納しても、厚みは最大2.5mmと、JOGGOのなかでも薄いお財布です。

スーツやパンツのポケットに入れても、膨らまないのでスタイリッシュさを実現してくれます。

内側にスキミング防止シートが縫い込まれているところもうれしいポイント。カード利用が多い方にもおすすめです。

ラウンドタイプ

財布をぐるりと囲う、コの字型のファスナーがついているラウンドタイプ。大容量でたっぷりと収納でき、お金とカードをしっかりと、確実に守る安心さが魅力です。

「雑にしまって動いていたら、カバンの中にお金が散らばっていた!」なんてことにはなりません。

また、革の面積も大きいので本革を十分に感じられる楽しみもあります。

シンプルラウンド長財布
JOGGO シンプルラウンド長財布
シンプルラウンド長財布 ¥16,280

上質な本革を感じられる、シンプルなデザインのラウンドファスナー長財布。
外装の見た目は一色ですが、ファスナーを開けると4カ所のカラーカスタマイズができ、カラフルなデザインが可能です。

100°までひらくマチ設計で、見やすく取り出しやすい仕様に。14カ所のカードポケットと2つのフリーポケットで、特に収納力に優れています。

必要なカードやレシートなどきれいに整理・保管でき、小銭入れの部分は横まで開くL字型。使いやすさと上質なつくりに細部までこだわりました。

シンプルラウンド長財布(バイカラー)
JOGGO シンプルラウンド長財布(バイカラー)
シンプルラウンド長財布(バイカラー) ¥16,280

シンプルラウンド長財布とは違い、引き手が革ではなくゴールドをあしらっています。

ファスナーや引き手に合わせて、文字入れ部分もゴールドにすると統一感が出て、よりおしゃれな印象に。

2色選べるため、上部に落ち着いたトーンのカラーを選んでも地味になりすぎず、鮮やかなカラーを選んでも派手にもなりすぎずまとまります。

カラーの調和のがとりやすいので、見た目の華やかさや可愛らしさ、上品さを演出してくれます。

小銭入れタイプ

小銭入れメインの、スタイリッシュな財布。マネークリップを愛用している方や、主に電子決済を使用している方におすすめです。

​​「入ってみたらキャッシュオンリーのカフェだった!」なんてとき用に少額の現金を持っていたい人にもちょうどいいサイズです。

四角いコインケース
四角いコインケース
四角いコインケース ¥6,490

シンプルで端正なフォルムにこだわったコインケースです。 

内側の2つのコインポケットのほかに、手前にもう1つのポケット付き。こちらにお札やカード、半券を入れておくことも可能です。

コインケースながらも+αの機能があり、お財布のような見た目です。お求めやすい価格なのでちょっとしたお礼など、プレゼントにも適したアイテムです。

コンパクトウォレット
JOGGO コンパクトウォレット
コンパクトウォレット ¥7,590

コンパクトな財布を持ちたい方にぴったりの、L字ファスナータイプの財布。小銭以外にも、お札やカードも分けて収納可能です(お札は2つ折りで収納)。

ポケットにもすっきりと入る大きさなので、バッグを持たない外出時に便利です。マチが大きく開くので、カードやお札が取り出しやすいデザインに。

なるべく身軽でいたいけれど、なにかと荷物が増えがちな旅行やフェス、子どもの運動会などのレジャー・イベント用にもおすすめです。

長財布タイプ

「大人っぽく、スタイリッシュな長財布が欲しい」

「カードなど多く収納したいけど、生活感が出るのはちょっと避けたい」

そんな方におすすめの、ビジネスシーンから普段使いにも相性のいい長財布を2つご紹介します。

スリム長財布(カード収納13段)
スリムJOGGO 長財布(カード収納13段)
長財布(カード収納13段)¥16,280

スタンダードなフォルムの長財布ながら、開けると並ぶポケット段にお好みの色を組み合わせ、遊び心をプラスできます。

角を直角に仕上げてスタイリッシュな印象に。薄型ですが13枚のカードが収納ができ、小銭入れは浅い設計にしているため出しやすいといった、機能性にもこだわりました。

直線的なデザインなのでかっこいい印象になりがちですが、配色次第でやわらかい印象にもなる財布です。

メンズ・レディースを問わずお使いいただけるため、パートナーとお揃いで持つのもいいでしょう。

フラップバイカラー長財布(シングルホック)
JOGGO フラップバイカラー長財布(シングルホック)
フラップバイカラー長財布(シングルホック) ¥16,280

スーツやパンツのポケットからも取り出しやすいよう、よりスリムなフォルムにしました。

しかし、背ポケットにはスマホまで入る深めのフリーポケット付き。バッグを持たずとも、フラップバイカラー長財布1つだけで外出できてしまう優れもの。

一見、シンプルなフォルムですが、ちらりとのぞくさりげないバイカラーがアクセントになり、飽きさせないデザインです。

シンプルな設計が本革の魅力をより引き立ててくれるため、持つだけで大人っぽい印象を与えてくれるでしょう。

選び方2:素材で選ぶ

ENISHIシリーズ

ハイエンドラインであるENISHIシリーズは「感動でつながりを」の信念をもつJOGGOが人と人とのつながりやご縁があることを願って「縁(えにし)」と名づけました。

すべての工程を国内の革職人が制作している、Made in Japan。日本の革のなかでも特に長い歴史がある姫路レザー、オイルスムースを使用しています。

<オイルスムースの特徴>
・革の銀面をそのまま使用(銀付き革)しているので希少性が高い
・なめらかな質感と上品な艶、透明感がある・経年変化を楽しめる

オイルスムースは読んで字のごとく、オイルが染み込んだ革の、すべすべしたなめらかな手触りが特徴の本革です。

主張しすぎない色の風合いや艶感など、独自の製法でハイエンドラインらしい上品さにこだわりました。
エナメルなどの樹脂を用いた加工ではないため、時間が経つごとに革の持つ色味や風合いが表れます。

本革好きに多い、経年変化を十分に楽しめますよ。

デリケートで定期的なメンテナンスが必要なレザー。手間はかかりますが、クリームやオイルケアなどをしていれば、10数年は使用できます。

使用するうちに革質がくったりと変化して手になじみ、唯一無二のアイテムに変化します。

ENISHIラウンド長財布
ENISHIラウンド長財布
ENISHIラウンド長財布 ¥30,800

「長財布が好みだけど、バッグのなかで場所を取るのがネック」ENISHIシリーズの長財布は、そんな方におすすめです。

10カ所のカード入れとフリーポケットで収納力抜群にも関わらず、小銭入れポケットにマチをなくし、厚くならずスリムにしました。

外側を囲うラウンドファスナーは180°開き、カードやお札が取り出しやすいデザインです。

毎日持ち運び、使用するお財布だからこそ使いやすさにこだわりました。

日本の職人がハンドメイドでつくる本物の本革、オイルスムースならではの質感をお楽しみください。

ENISHI 2つ折り財布
ENISHI 2つ折り財布 ¥27,500

「小さいバッグにあう、小さなお財布がほしい」

「小さくても収納力のあるお財布がいい」

ENISHIシリーズの2つ折り財布は、そんな方のために6カ所のカードポケットを搭載。・お札入れポケットには領収書とお札を分けられる仕切りを設計しました。

すっきりとした見た目ながら、充実した機能性を備えています。

外装は本体とベルトの2色が見えるので、ベルト部分にアクセントとなるカラーを選ぶのがおすすめです。バイカラーで遊び心とおしゃれさを両方叶えます。

配色しだいで、メンズ用・レディース用どちらでもご使用いただけます。

JOGGO(ジョッゴ)オーダーメイド革財布はギフトにも最適!

  • 渡す瞬間を演出するギフトボックス
  • 3種類の刻印で世界にひとつだけの財布を
  • あなたの想いを文字で伝えるメッセージカード
  • あなたの想いを名前で伝えるデザイナーラベル

渡す瞬間を演出するギフトボックス

大切な贈り物だからこそ、ラッピングも特別なものを。きれいなラッピングに包まれているのといないのでは、プレゼントやギフトをもらったときの高揚感が大きく変わります。

JOGGOでは、アイテムのサイズに合わせて3種類のギフトボックスをご用意しています。

シックな濃紺のボックスと艶やかなシルバーのリボンが高級感を演出し、素敵な思い出になること間違いなしです。

3種類の刻印で世界にひとつだけの財布を

JOGGOでは、お財布にイニシャルなどの刻印を入れられます。

刻印のカラーはゴールド・シルバー・エンボス(素押し)の3種類。より想いの込もったギフトになるよう、一つひとつ職人の手作業で刻印しています。

文字数は最大12文字まで。ゴールド・シルバー・型押しの3種類はそれぞれ印象が異なり、財布の配色とリンクするカラーにすると全体に統一感を出せます。

財布をシンプルな配色にした場合、刻印のカラーがアクセントになることも。逆にかわいらしい配色にした場合、型押しにすると大人っぽさがプラスされます。

Webページ上でシュミレーションできますので、ぜひイメージを確認してみてください。。

あなたの想いを文字で伝えるメッセージカード

大切な人へのギフトにメッセージカードを添えれば、さらに素敵なギフトに。

「日ごろの感謝や想いを言葉にして伝えることは大事」と分かっていても、改まって言うのは照れくさくて、きちんと言えないこともあります。

そんなときにも、メッセージカードならさりげなくあなたの気持ちを伝えられます。

メッセージカードを添えたい場合は、商品をカートに入れたあと、カードを添えたい商品を選択肢し、180文字以内でメッセージをご記入ください。高級感のある濃紺のオリジナルカードに印刷し、ボックスに同封します。

メッセージカードのひと手間だけで、もらったときのうれしさは倍増。レザーアイテムだけでなく、言葉のプレゼントも加えたら、さらに感動的な瞬間になりますよ。

あなたの想いを名前で伝えるデザイナーラベル

デザイナーラベル

ギフトボックスを開けると、“designed by ○○(あなたのお名前)”と書かれたデザイナーラベルが見えるように包装しています。

ギフトラッピングやメッセージカードをもらったことはあるけれど、デザイナーラベル付きの贈り物は初めての方が多いのではないでしょうか。

あなたがお相手のことを想い、心を込めてデザインしたことが自然と伝わります。

「感動でつながりを」の信念を持つJOGGOだからこそ、贈られる人の刻印だけではなく、贈った人の名前も印しています。

2人の絆がさらに素敵なものになるよう、さりげない演出を。ギフトによって、今までにない特別な思い出になるかもしれません。

デザイナーラベルの選択の仕方は、カートに入れたあと、ギフトオプションをチェックするだけ。該当欄にアルファベット20文字以内でご記入ください。

>> JOGGO 革財布ラインナップへ

カテゴリー
あなたとつながる つながるコラム 用語集

【徹底網羅】牛革の種類・ランク・種類別の見分け方

すごく有名だけど、聞かれると意外と詳しく知らない牛革について説明します。

牛革とは

牛革とは、字のとおり牛の皮革です。
牛革は英語でカウレザー(cow leather)と書きます。cowは「雌牛」または「乳牛」を意味する言葉です。食肉として消費された雌牛の皮を使うので、生産量は常に安定しており、革製品のなかで最もよく使われています。

牛革の特徴

私たちにとって最も身近な革製品である牛革。

牛革は流通が多く、バッグや財布、キーケースなどの小物、靴、インテリア用品などさまざまな用途で使われています。その特徴を見ていきましょう。

  1. 耐久性がある
    牛革は非常に丈夫です。皮の表面が平たく、皮膚の繊維組織が均一に整っています。
    そのため強度や耐久性があって加工がしやすく、さまざまな製品に使いやすいのが利点です。
  2. 質感の変化
    使い込む年数によって、色あいや質感が変わってくる楽しみがあります。
    だんだんと牛革にオイルや手垢などが染み込み、見た目が変化していくのです。
    変化が表れやすいため飽きがこず長く楽しめます。牛革は時が経つにつれ、オンリーワンのアイテムになる魅力があるのです。
  3. 水濡れに注意
    牛革だけでなく、本革製品は水に弱いもの。濡れたまま放置すると水あとが残ったり、変色することも。
    防水スプレーをするなど対策をしましょう。

牛革の種類

牛革は種類と名称がたくさんあります。
ここでは8種類の牛革の名称と、その特徴を説明していきます。

1.ハラコ

ハラコは、漢字で「腹子」と書きます。早産や死産した子牛からできた牛革をハラコといいます。ハラコの皮はやわらかく短い毛で覆われているのが特徴です。

生産量は極めて少なく、皮として採れる部分はごくわずか。貴重な高級素材なため、市場でハラコとして売られているものは実はポニーであることも多くなっています。

2.カーフスキン

カーフスキンとは、生後6カ月以内の子牛で、非常にきめ細かくすべすべとした質感が特徴。

牛革のなかでも最も高品質・高級と言われており、希少価値の高いものです。子牛のため柔らかく薄く、傷がつきやすい繊細さを持っています。

3.ヘアカーフ

ヘアカーフとは、カーフスキンのなかでもとくに上質で高級なもの。ヘア=毛がついた状態の牛革です。

生後6カ月以内の子牛の皮を使うので数が少なく、あまり市場に出回りません。しっとりとなめらかな毛並みは、子牛ならではの質感です。

4.キップスキン

キップスキンは、生後6カ月から2年目くらいの牛の皮です。

キップとは「小さな獣の皮」の意味。まだ若い子牛なのでキメが細かくなめらか、厚みはあまりありません。カーフスキンの次に上質とされている牛革ですが、供給量が安定しているため、有名ハイブランド製品にもよく使われています。

5.ステアハイド

生後3~6カ月のときに去勢して、2年以上経った雄の成牛の牛革です。

食用として育てられるため供給量が多く、最も一般的な牛革です。革の厚みが均一で面積も大きく、強度も耐久性もあるよいことづくめの本革素材で、バッグやコインケース、名刺入れ、ジャケットなどのさまざまな革製品で使われています。

6.カウハイド

カウハイドとは、出産を経験した生後2年以上の雌牛の牛革です。丈夫でありながらやわらかさがあるため、こちらも人気の高い本革です。

子牛の本革よりは強く、成牛のオスの本革よりは薄いので、両者の中間的な役割で使われています。

7.ブルハイド

ブルハイドは、生後3年以上の去勢されていない雄牛の牛革を指します。

ブルハイドのブルは「雄牛」のこと。厚くて繊維が太く、固めのワイルドな革質が特徴です。その強さを活かして、靴底や工業用ベルトなどに使用されています。

去勢されていない雄牛は気性が荒く、雄同士で争った名残で、本革の表面に傷がついている場合があります。

8.バッファローレザー

バッファローは沼地や川などの水辺に生息しているため、牛革では珍しく水濡れに強い特徴があります。

また、油分を多く含むため、ほかの牛革に比べてさらに深い経年変化を楽しめます。

牛革のランク

次に、牛革のランクを生産地と種類のふたつに分けて見ていきましょう。
生産地の面では、イタリア、フランスなどヨーロッパ産の牛革が最も上質と言われています。品質が高く、多くの有名高級ブランドの製品に使われているのもヨーロッパ産です。

牛革の種類の面では、カーフスキンが最も上質な素材と言われています。大人の牛革と比較してキメが細かく柔らかく、軽く、ハラコよりも丈夫。すべての皮革素材のなかでもとくに上質で希少価値が高く、非常に手に入りにくい牛革です。
世界の有名高級ブランドでも使用されています。

これらの最上質なカーフスキンのなかでもヘアカーフが最も希少価値が高いとされています。

ハラコとして出回っている、単に毛がついただけの牛革や馬革とは別格で、ずっと触っていたくなるようななめらかな手触りの上質な毛をそなえています。

牛革の生産地とその特徴

牛革には、アメリカやオーストラリア、カナダ、イタリアなど海外で生産されるものと日本製のものがあります。国内で流通している牛革は、約8割が北米を中心とした海外製品です。

これは、北米で牛肉を食べる量が多い食文化が表れたもの。食用の牛の革を使用することで流通量を保ち、ロスを減らしているのですね。

日本でも牛革は昔から使われていましたが、地生(じなま)と呼ばれる国内生産の牛革の生産量はほんの少ししかありません。しかし管理状態がよいことから、品質が高い本革として人気があります。

代表的なのは姫路レザーや栃木レザーです。とくに、姫路のある播磨地方は1000年以上の革産業の歴史があるといわれており、国内における革製品の生産量も日本一を誇っています。

日本産の革製品はステッチ(縫い目)が美しく、本革の断面をきれいに磨いて処理しているなど、きめ細やかな配慮がなされているのが特徴です。レザーにも世界三大レザーと呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。そのうち2種類は牛革を使用しています。以下に世界的に有名なレザーをご紹介します。

ブライドルレザー
ブライドルレザーは、イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法。ブライドルとは馬の頭頂部などにつける馬具の意味で、昔からイギリスにて騎手や貴族のために作られていました。乗馬でも安心の頑丈さと美しい光沢が特徴です。

カウハイドやステアハイドを使用し、本革にロウを何度も重ね塗り、繊維を引き締めることで丈夫にしています。表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれ、ブライドルレザーの証です。使用するうちにブルームが取れていき、美しい光沢が表れる、職人技がひかる極上レザーです。

イタリアンレザー
イタリアンレザーの特徴はなめし(=動物の皮は腐敗しやすいので、不要なたんぱく質や脂肪を除去し、耐久性・耐熱性・柔軟性をもたせる加工をすること)の方法です。「ベジタブルタンニンなめし」という伝統的ななめし技法であり、そのなかでも主に採用されているのが「バケッタ製法」。

バケッタ製法ではタンニンでなめしたあとに多大な時間をかけて本革の芯まで油を染み込ませます。そうしてできたしっとりとした手触りと美しい艶が、人々を魅了しています。

有名高級ブランドの革のバッグや革財布、キーケースなど革小物の生産国をみると、ほとんどがイタリア産。なかでもイタリアのトスカーナ州は、昔から本革産業が盛んでした。フランスやアメリカなど世界中の高級ブランドの本革製アイテムを、下請けで製造している工房や工場が沢山あり、長い歴史と伝統が受け継がれています。

JOGGOの本革製品の特徴

JOGGOの本革製品の特徴、おすすめポイントをご紹介します。

  • 14色から自分で選べる、鮮やかなオリジナルカラー
  • なめらかな手触りの国産、姫路レザー
  • コンビなめしによる加工製法
  • サスティナブルなものづくり

14色から自分で選べる、鮮やかなオリジナルカラー

14色から選べるオリジナルレザー

JOGGOでは、革ごとにベーシックラインとハイエンドラインに分類しています。

ベーシックラインの製品ではステアハイドを使用し、この牛革に合わせてJOGGOだけのオリジナルカラーをタンナーと共に14色つくりあげました。カラーは顔料染め(レザーの表面に色を塗ること)のため、本革の耐久性が上がり、エイジングしにくいのが特徴。レザーウォレットなどは定期的にメンテナンスすれば、5~10年は鮮やかでおしゃれなカラーを色あせずに楽しめます。

日本国産レザーアイテムは、ブラウンかブラックが主流ですが、JOGGOのベーシックラインでは豊富なカラーからすべてのアイテムの配色を自分でカスタマイズして、オーダーメイドできるのです。

使い勝手のよい長財布などはとくに人気。人と被らない、あなただけのお気に入りアイテムを作れるのはもちろん、大切な家族や恋人、友人をイメージしたプレゼントにもぴったりです。

なめらかな手触りの国産、姫路レザー

ENISHIラウンド長財布

JOGGOのハイエンドライン、ENISHIシリーズの革小物には、日本産の牛革、オイルスムースを使用しています。

オイルスムースとは、本革づくり1000年以上の歴史がある姫路で生まれたレザー。本革にオイルを染み込ませる技法によって、しっとりとしたなめらかな手触りに仕上げています。

また、ベーシックラインとは異なる染料染め(繊維に染料をしみ込ませ色を付ける)の使用により、発色がよく透明感があるのも特徴のひとつ。上品な艶・色味・質感を叶えてくれます。

ENISHIシリーズでは、日常的に使うレザーウォレットやスマホケース、名刺入れなどを展開。オイルスムースの上質な質感を堪能できます。メンズ・レディース問わず、ハンドメイドの革製品をギフトに活用するのもおすすめです。


このような国産本革を、日本の職人が一つひとつ丁寧に制作しています。すべて国産でありながらも、JOGGOではたゆまぬ企業努力でお求めになりやすい価格を維持しています。

コンビなめしによる加工製法

ENISHIシリーズの革小物には、タンニン(植物性)とクロム(化学薬品)を組み合わせたコンビなめしによる加工法を使用しています。タンニンが紫外線や空気にふれ、酸化することで色が変化します。また手の油分が浸透していくと、自然な艶も生まれるのが特徴です。

このように、コンビなめしでは発色のよさと経年変化の両方をあわせ持つ魅力があります。デリケートなので定期的なメンテナンスが必要ですが、高級感のある自然なムラやナチュラルな牛革の表情をお楽しみいただける、本革好きも満足な仕上がりです。

サスティナブルなものづくり

JOGGOの工場があるバングラデシュでは、年に一度イードと呼ばれる、神に牛をささげるイスラム教の祝祭があり、一年で一番大事な行事とされています。

イードの時は町中いたるところで牛を解体し、食用に供します。、食後には毎年大量の牛革が発生。JOGGOの製品は、すべてその食用の肉を採ったあとの本革のみを使用します。

現地の資源を無駄なく有効活用し、エシカルかつサスティナブルなものづくりを実現しているのです。

カテゴリー
あなたとつながる ジョッゴ通信 つながるコラム

JOGGO(ジョッゴ)のメンズ向け革財布の魅力とは? 選び方やおすすめを解説!

「自分の好みにぴったりの財布を探しているけれどなかなか見つからない」

そんな経験はありませんか?

こだわりがある方は、財布選びに妥協はしたくないですし、満足できるお気に入りの一品を見つけて長く使いたいですよね。

オンリーワンの自分好みの財布を手に入れる方法がひとつだけあります。それは、「オーダーメイド」という方法。

今まではブランドや形などから選んでいた方も、この機会に自身でつくってみるのはいかがでしょうか。

初めて財布をオーダーメイドでつくるなら、おすすめしたいのがJOGGO(ジョッゴ)の財布です。

JOGGOなら、高品質なのにリーズナブルな価格帯で、オンリーワンの財布をつくれます。オーダーメイドが初めてという方でも、ネットから簡単にデザインできる、気軽なオーダーメイドなので安心です。

本記事では、JOGGOの、メンズ向け革財布の魅力と選び方をご紹介。さらに、記事後半には、JOGGOで人気のメンズ向け革財布もいくつかご紹介します!

「メンズ革財布はたくさん見たけれど、どれもピンとこない……」

「オーダーメイドにちょっと興味あるかも」

という方は、ぜび最後までお読みいただき、財布選びの参考にしてみてください。

JOGGO(ジョッゴ)とは?

【まとめ】オーダーメイドの革財布ならJOGGO(ジョッゴ)! 種類や特徴と選び方を解説!
ブランド名JOGGO(ジョッゴ)
設立2014年3月
商品ラインナップ財布・コインケース・名刺入れ・手帳カバーなど
価格帯16,200円~30,800円
特徴14色の本革から配色できるオーダーメイドアイテム

​JOGGOは、1​​4色の革からカスタマイズをするセミオーダー形式で、オリジナル本革製品がつくれるブランドです。高品質でありながらリーズナブルな価格帯が特徴で、気軽にオーダーメイドをお試しいただけます。

革製品一つひとつのパーツを好きな色にカスタマイズしてつくる商品は、まさにオンリーワン。大切な方への「世界にひとつだけのプレゼント」としても、多くの方に喜ばれています。

JOGGO(ジョッゴ)ブランドの特徴について

​JOGGOの特徴は、以下の5つです。

  • カスタマイズが苦手でも安心!14色からオーダーメイド
  • 想いをつなげる、ギフトラッピング
  • サスティナブルなものづくり
  • 質の高い本革を使用
  • 購入するとバングラデシュの社会貢献にもつながる

カスタマイズが苦手でも安心!14色からオーダーメイド


JOGGOで販売するオーダーメイド財布は、「セミオーダー方式」です。

JOGGOの「セミオーダー方式」とは、あらかじめ財布のデザイン(形・サイズ・収納)が決められたもののなかからパーツごとに色をカスタマイズできる仕組み。範囲を絞ることで、「フルオーダー方式」と比較して、安くオーダーメイド財布を楽しめます。

JOGGOで用意している革色は「14色」で、配色の組み合わせは数億通り考えられます。組み合わせ次第で、「世界にひとつだけ」のメンズ革財布をつくれます。

JOGGOでは、Web上で気軽に配色のシミュレーションをお試しいただけるため、配色のセンスが心配な方でも安心です。カスタマイズ画面では、おすすめの配色サンプルもいくつか紹介されますので、そこからイメージするのもいいでしょう。

大切な方への想いを乗せて…JOGGOのギフトラッピング

デザイナーラベル

大切な方へのプレゼントに、財布をお探しの方も多いと思います。

「感動でつながりを」の信念をもつJOGGOでは、レザーアイテムだけではなくギフトラッピングにも感動できる仕掛けを用意しています。

デザイナーズラベル

そのうちの一つが「デザイナーラベル」。ギフトボックスを開けると「desinged by…」と、デザインした人の名前が最初に目に入るようになっています。

せっかくのオーダーメイド、大切な人への贈り物には、相手のことを考えながらデザインしたことを伝えたいですよね。JOGGOでは、追加料金なしで贈り主の名前をデザイナーラベルに記載できます。

他社ではあまりみかけないサービスなので、ぜひ利用してほしいです。

・メッセージカードと刻印サービス

メッセージカード
名入れ刻印

小さなサプライズでも、貰う人はそのひと手間をかけてくれた事実がうれしく、感謝できるもの。

JOGGOではデザイナーズラベルのほかにも、180字まで記入できるメッセージカードや、レザーアイテムに文字を刻める刻印サービスも行っています。お相手のお名前を刻印するのは定番ですが、二人の間柄や贈るイベントによっては記念日などの日付、合言葉など刻印するのもおすすめです。

JOGGOのメンズ革財布をプレゼントに選べば、レザーアイテムを見るたびにその日が思い出されるような、特別なギフト体験になること間違いなし。
ギフトラッピングを通じて、感動的な想いを共有してみてはいかがでしょうか。

サスティナブルなものづくり

バングラデシュの直営工場
バングラデシュの直営工場

最近、よく耳にするSDGsやサスティナブルといった単語はどのような意味か知っていますか?
Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標のこと。

簡単に言うと、地球の環境を壊さず、資源を使いすぎずに美しい地球でずっと生活をし続けていこう、という世界中の人たちが目指す目標です。

貧困や飢餓から環境問題、経済成長やジェンダーまでさまざまな課題を持つ現代の私たち。経済的に発展しながらも環境を守り、後世に安全な地球をつないでいくことが、世界の目標です
現在、日本の一般企業でもSDGsに向けた取り組みを発表していますが、JOGGOでも、サスティナブルな取り組みを事業目標としています。

具体的には、レザーアイテムに使用する本革。JOGGOの本革は、すべて食べられたあとに残った皮だけを使用しています。

特にベーシックラインの本革は、バングラデシュで行われるイード・犠牲祭と呼ばれる、牛肉を神様や人々に振る舞うお祭りで発生したものを使用しています。

毎年大量に捨てられてきた牛革に着目することで、資源の有効活用を目指すJOGGOの取り組みです。
上記以外にも、国内では久米川工場の電気を再生可能エネルギーのハチドリ電力に変えるなど、環境負荷を減らす努力をしています。JOGGOでは、未来の人々に豊かな自然と、安全で幸せな暮らしをつなげていきたいと取り組んでいます。

質の高い本革を使用

JOGGOのオリジナルレザー
JOGGOのオリジナルレザー

貴重品であるお財布だからこそ、長く使い続けたですよね。想いをこめた一点ものならなおさら。JOGGOではずっと愛用していただけるよう、高級グレードの本革を採用。耐久性と天然皮革の素材のよさにこだわりました。革職人であるタンナーとともに一からつくりあげたオリジナルレザーを使用しています。

現地のタンナーと何度も色を調整し、きれいな発色を実現。日常的に使うなかで革の変化を楽しめるよう、手触りや質感すべてにこだわっています。手に吸い付くような柔らかさが特徴です。

JOGGOのメンズ革財布を購入すると社会貢献にもつながる

JOGGOのアイテムを購入すると、バングラデシュの貧困問題にアプローチにつながります。その理由は、JOGGOの自社工場での取り組みにあります。

JOGGOの自社工場があるバングラデシュは、世界で最も貧しいといわれていたほどの国。
近年では世界の経済成長に伴い、地価や人件費の安さに着目した諸外国が生産工場をたくさん建てました。しかし、安い給料に大量生産する工場での流れ作業、設備の不十分な現場、日本でいうパワハラやセクハラに確実に該当するような人権を鑑みない状況。現地の労働者の環境はいいものとはいえませんでした。
こうした問題から失業率が増え、貧困層も増えてしまう負の連鎖が起きてしまいます。

また、ジェンダー格差の問題も根強く残っているバングラデシュでは外で働ける女性は残念ながら、わずか少数。職を得る前に若くして結婚し出産したり、子を持つ女性が雇用されづらいなどの問題があります。

JOGGOではこの貧困問題にアプローチするため、現地の人々が働き続けやすいよう環境を整え、技術を教えて革職人を育成しました。

バングラデシュ工場ではスキルを問わず、社会問題に直面しながらも働きたい方を優先的に採用し、雇用を生み出しました。
ひとつのレザーアイテムにこれだけたくさんのバックグラウンドがあるなんて、思いも寄らないですよね。
このような生産の背景も知ってもらい、遠い国のことだと他人事にせず、問題を意識してもらいたい。JOGGOでは自社製品を通じて社会問題の認識を広めたく、活動しています。

JOGGO(ジョッゴ)メンズ向け革財布の魅力

JOGGOで制作するメンズ革財布の魅力は、大きく以下の3つ。

  • シンプルデザインで大人の男性にもぴったり
  • 姫路レザーモデルならこだわりのある男性にも
  • 高品質なのにリーズナブル

シンプルデザインで大人の男性にもぴったり

JOGGOの革財布は性別問わず使えるユニセックスブランドです。メンズに限らず、鮮やかでカラフルな配色にすれば、可愛らしい女性らしさを出すこともできます。

シンプルなデザインのため、どんなカラーを選んでいただいても素敵に仕上がります。
一見ベーシックなデザインですが、よく見るとたくさんのこだわりが詰まっています。使いやすさや機能性はもちろん、遊び心のあるデザインなどの工夫が満載で、いいものに触れてきた大人の男性も満足できる仕上がりです。

こだわりのある男性には「姫路レザーモデル」

ハイエンドラインENISHIシリーズ
ENISHIシリーズ

JOGGOのハイエンドライン(最高級品)であるENISHIシリーズは、姫路レザーのオイルスムースを使用しています。姫路レザーは、日本国内の革生産量一位を誇り、1000年以上の歴史を持つ有名なレザー。その製法からオイルスムースとも呼ばれます。

オイルスムースは、その名のとおりオイルを長時間しっかりと染み込ませてできた、すべすべでしっとりとした手触りが特徴の本革です。

JOGGOの自社工場は、バングラデシュと国内(久米川工場)の2つ。姫路レザー(オイルスムース)を使用した革製品製造は国内で行われ、作り手は熟練した技術をもつ日本の革職人。すべて日本で完成される、れっきとしたMade In Japanに惹かれる男性も多いはず。

高級感ある艶や手触りは、レザーアイテムにこだわりのある男性にも満足の品です。

高品質なのにリーズナブル

バングラデシュ工場のJOGGO専任チーム

これだけ多くのカラーから選べて、機能性とデザインにこだわりの設計があって、オーダーメイドの受注生産で、本革で、と特徴を並べたら価格は高くなるのでは? と思われがちですが、むしろその逆です。

世界にひとつだけの一点ものですが、JOGGOのオーダーメイド財布は、長財布で税込価格16,280円から。

高価なハイエンドラインの長財布でも、3万円程度で手に入ります。コインケースなど小型のものは1万円しないものも。ギフトを贈る際にも、どなたでも手に取りやすい価格に設定しています。

本革の製品なのに、どうしてこの価格なの? うれしいサービスの半面、安かろう悪かろうではないか、と心配される方もなかにはいるでしょう。

JOGGOの財布がリーズナブルな理由は、次の2つです。

・自社工場の設立により製作コストを削減
JOGGOのレザーアイテムが他社と比べて買いやすい価格なのは、バングラデシュで本革の採用から生産工程をすべて行っているからです。バングラデシュの貧困問題の項目で前述したとおり、宗教上のお祭り「イード」があるため、現地では品質の安定した本革の流通量が多く、手に入れやすい利点があります。

自社工場による運営のため、中間マージンの発生もありません。製造から検品・納品までを一気通貫で行えるため、品質の高いオーダーメイド財布を安くお届けできます。

・セミオーダー形式で低価格を実現
革色の組み合わせでオンリーワンをつくるセミオーダー形式も、安さの秘密です。用意した革色から選んでいただくことで、手に取りやすい価格帯を実現しています。

JOGGOの財布は、オーダーメイドなので基本的にすべて受注生産。JOGGOの革職人が日本の品質基準をもとにチェックしながら、一つひとつ手作業で心をこめてつくっています。

特に品質管理は厳しく、縫う前の素材である本革のチェック、仕上がった製品の検品、日本に到着後も最終検品をするなど品質のレベルを保つ努力は欠かしません。工程を徹底しているため、JOGGOでは高品質な本革のオーダーメイドながらもリーズナブルな価格を実現しています。

JOGGO(ジョッゴ)メンズ向け革財布の選び方

JOGGOでは、数多くの革製品を取り揃えています。ここでは、JOGGOのメンズ向け財布のラインナップから、革財布をどう選べばよいかをご紹介します。

選び方1:形状で選ぶ

革財布を選ぶ際は、まず形を決める方も多いと思います。財布には、主に以下の5つの形があります。

  • Lファスナータイプ
  • ニつ折りタイプ
  • ラウンドタイプ
  • 長財布タイプ
  • 小銭入れタイプ

使いやすさや収納の高さで選ぶなら、L字ファスナータイプがおすすめ。ポケットに入れて使用する方なら、コンパクトな二つ折り財布がベストでしょう。収納力で選ぶなら、ラウンドタイプや長財布タイプがおすすめです。

普段の買い物はキャッシュレスで済ますことが多く、現金を持ち歩かない方であれば、小銭入れタイプを選ぶのもいいでしょう。

選び方2:素材で選ぶ

高級感を出したい方は、素材から選ぶのもひとつ。JOGGOのおすすめレザーは、以下の2つです。

  • オリジナルレザー
  • オイルスムース(姫路レザー)

JOGGOでは、上記の2種類のレザーを取り扱っています。比較的リーズナブルなのは、バングラデシュで製作を行うオリジナルレザー。食用の牛から採った本革を使用し資源の有効活用をしているため、高品質でありながらリーズナブルです。

国産のオイルスムースレザーは、より高品質な質感をお求めの方におすすめです。日本の職人の確かな技術で仕上げた高級レザーです。

JOGGO(ジョッゴ)メンズ向け革財布のおすすめラインナップ

最後に、JOGGOで人気のメンズ向けおすすめ革財布をご紹介します。気になる商品があれば、ぜひ詳細までご確認ください。

Lファスナータイプ

Lファスナータイプとは、その名の通りL字型をしたファスナーがついたものです。
ラウンド型に比べると、片側のファスナーがないためワンアクション少なく開閉できます。
スッとお財布が開けて、中身を一目で見渡せる設計に。飛び出さない設計を施した、ファスナーのない小銭入れはすぐに現金を取り出せます。会計時にスムーズな支払いができると、スマートな印象を残せますよ。

JOGGO の Lファスナー長財布
Lファスナー長財布

「お財布はたくさん収納できるけど膨らまないものがいい。必要なお金やカードをすぐ取り出したい」お財布に大切なものを収納し、管理したい方におすすめ。

12枚もカードが入り、お札やレシート、レジャー時の半券の保管など、たくさん入るのに見た目がスッキリ、丸くならない魅力があります。 

スリムさと収納力、機能性を併せもついいとところどりのお財布に仕上がりました。 外装のカラーは一色ですが、内装のカラーが横から見ると差し色になり、さり気ないおしゃれを演出してくれます。

Lファスナー長財布(バイカラー)

Lファスナー長財布(バイカラー)

上記Lファスナー長財布のバイカラータイプ。カードポケットは8個、縦長のフリーポケットが2個の仕様で、普段使いに十分な容量を備えつつ、外装のデザインは二色の組み合わせが楽しめます。

黒や紺色がいいけれど、もう少しトーンの軽いデザインにしたい方は一色追加しバイカラーにするのがおすすめ。目を引く配色で、周りの人とは被らない特別感を演出できます。

二つ折りタイプ

手にもポケットにもおさまりがよく、バッグのなかでも邪魔にならない。男性はプライベートでは特にですが、荷物が少ないですよね。右ポケットにスマートフォン、左ポケットにお財布を入れて出かける方も多くいます。JOGGOでは必要なお金とカードは入るけどかさばらない、コンパクトな二つ折りにこだわりました。

2つ折り財布(小銭入れ付き)

2つ折り財布(小銭入れ付き)

JOGGOでは定番商品のひとつである、人気の二つ折り財布。男性へのプレゼントを目的にされる方も多いアイテムです。

「シンプルで持ち運びやすいけど、きちんとカードも小銭も入る使いやすいお財布がいい」そんな方におすすめの、8か所のカラーカスタマイズが可能な二つ折り財布です。

開いて左側に4つのカードポケット、右側に小銭入れを配置したモデル。十分な機能ながら、ポケットにも入るおさまりのいいサイズ感に。ずっと触っていたくなるなめらかな触り心地も魅力のひとつです。

2つ折りミニ財布

2つ折りミニ財布

「キャッシュレス化が進んで、お財布はカードと小銭が少し入れば十分。なるべく身軽に過ごしたい」そんな方におすすめです。

 小銭・お札・カードをすべて収納しても、厚みは最大2.5mm。JOGGOのなかでも究極の薄さを実現したお財布です。

スーツやパンツのポケットに入れても、膨らまないのでスタイリッシュさが男性におすすめできるポイント。

内側のポケットにスキミング防止シートが縫い込まれているため、カード利用が多い方にもおすすめです。

厚さ約2.5cmの薄型設計

ラウンドタイプ

財布をぐるりと囲う、コの字型のファスナーがついているラウンドタイプ。大容量でたっぷりと収納でき、お金とカードをしっかりと確実に守る安心さが魅力です。革の面積も大きいので本革を十分に感じられる楽しみも。

シンプルラウンド長財布

シンプルラウンド長財布

上質な本革を感じられるシンプルなデザインのラウンドファスナー長財布。
外装の見た目は一色ですが、ファスナーを開けると4か所のカラーカスタマイズができるので鮮やかなカラーにして外とのギャップを楽しめます。

100゜までひらくマチ設計で、見やすく取り出しやすい仕様に。14か所のカードポケットと2つのフリーポケットは、使い勝手がよく男性からも指示が高いアイテムです。

カップルでお揃いにするのも人気があり、おすすめです。

ラウンド2つ折り財布(バイカラー)

ラウンド2つ折り財布(バイカラー)

ファスナーをしっかり閉められるため、小銭やカードが落ちてしまう心配がありません。お札を入れるポケットは仕切りがあり、レシートや領収書、ギフト券などと分けて管理できます。

小銭入れポケットは小さく、小銭が取り出しやすい浅井設計ながらも街がついているためたくさん入ります。

二つ折りでコンパクトながら、十分な使い勝手があります。

小銭入れタイプ

小銭入れメインの、スタイリッシュなお財布。マネークリップを愛用している方や、主に電子決済を使用している方におすすめです。ポケットに入れてもかさばらないミニマムな設計も魅力のひとつです。

四角いコインケース

四角いコインケース

シンプルで端正なフォルムにこだわったコインケースです。 内側の2つのコインポケットのほかに、手前にもう1つのポケット付き。お札やカード、半券を入れておくことも可能です。

コインケースながらも+αの機能があるこだわりのうえ、お財布のような見た目です。

お求めになりやすい価格なのでちょっとしたお礼など、プレゼントにも適したアイテムです。

コンパクトウォレット

コンパクトウォレット

コンパクトな財布を持ちたい方にぴったりの、L字ファスナータイプの財布。小銭以外にも、お札やカードも分けて収納可能です。(お札は二つ折りで収納)ポケットにもすっきりと入る大きさなので、かばんを持たずに外出も可能です。

マチが大きく開くので、カードやお札が取り出しやすいデザインに。普段使のお買い物は勿論、旅行などのシーンやセカンドウォレットとしても活躍してくれるお財布。

長財布タイプ

大人っぽく、スタイリッシュな長財布が欲しい。カードなど沢山収納できるけど、生活感がでるのはちょっと避けたい。そんな方におすすめの、ビジネスシーンから普段使いにも相性のいい長財布を2つ紹介します。 

スリム長財布(カード収納13段)

スリム長財布(カード収納13段)
スリム長財布(カード収納13段)

スタンダードなフォルムの長財布で、男性から一番人気のタイプです。メンズ向けの長財布に多いスタンダードな形ですが、開けると並ぶポケット段に色を組み合わせると一味違ったデザインになります。

角を直角に仕上げているので、スーツ姿にもバッチリ合うスタイリッシュな印象に。薄型ですが13枚のカード収納ができ、小銭入れは浅い設計にしているため出しやすいなど、機能性にもこだわりました。

フラップバイカラー長財布(シングルホック)

フラップバイカラー長財布(シングルホック)

カードは14段収用。どこにどのカードがあるのかが見やすい構造に。背面には大きいポケットがあり、なんとスマートフォンまで入ります。

クラッチバッグほど大きいカバンはいらないけれど、ポケットにスマートフォンと財布+αなど、ほかに持ち歩きたいものがある人におすすめ。取り出しやすいポケットなので、レシートや領収書をまとめて保管しておきやすい特徴があります。

ENISHIシリーズ

ハイエドラインであるENISHIシリーズは「感動でつながりを」の信念をもつJOGGOが人と人とのつながりやご縁を願って「縁(えにし)」と名づけました。全ての工程を国内の革職人が制作している、Made in Japan。日本の革のなかでも特に長い歴史がある姫路レザー「オイルスムース」を使用しています。

<オイルスムースの特徴>
・革の銀面をそのまま使用(銀付き革)しているので希少性が高い
・なめらかな質感と上品な艶、透明感
・経年変化の楽しみ

姫路レザーは“タンニン(植物性)”と“クロム(化学薬品)”を組み合わせたコンビ鞣し(なめし)の加工法で、発色のよいマットな質感と主張しすぎない艶と輝きのある上品な仕上がりが特徴です。
使い続けるとでレザー特有の経年変化のエイジングを楽しめて、愛着が湧いてくること間違いなし。デリケートなレザーなので、定期的にクリームやオイルケアをしてください。次第にと革質もくったりとして手に馴染み、自分だけのアイテムを育ててる楽しみも生まれます。

ENISHIラウンド長財布

ENISHI ラウンド長財布
ENISHIラウンド長財布

ENISHIシリーズの長財布。「長財布が好みだけど、バッグのなかで場所を取るのがネック」そんな方におすすめ。10か所のカード入れとフリーポケットで収納力抜群にも関わらず、小銭入れポケットにマチをなくし、厚くならずスリムにしました。

外側を囲うラウンドファスナーは180゜開き、カードやお札が取り出しやすいデザインです。毎日持ち運び、使用するお財布だからこそ使いやすさにこだわりました。

ENISHI 2つ折り財布

ENISHI 2つ折り財布

ENISHIシリーズの二つ折り財布です。6か所のカードポケット・お札入れポケットには領収書とお札を分けられる仕切りを設計。小銭入れもお札入れも深さがあるので、さっとお金をしまえます。すっきりとした見た目ながら、充実した機能性。

外装の一面と、内側3か所のカラーを指定できます。ベルト部分がアクセントカラーになり、ホックはゴールドとシルバーから選べます。持ちたい印象に合わせて、カラーとホックを選んでみてください。

>> JOGGO 革財布ラインナップへ 

カテゴリー
ものづくりとつながる モノづくりとヒトリゴト

#05.2wayエンベロープミニバッグ 誕生秘話インタビュー

こんにちは。ライターのにゃんみかです!

今回のブログは、JOGGOの新商品【2wayエンベロープミニバッグ】製作裏側です!

デザイナーのジョルノさんにインタビューしました。

ミニショルダーバッグ。なぜ作ろうと思ったのか?

にゃんみか:コンセプトは【休日におでかけしたくなるバッグ】。なぜこのようなタイプのバッグを作ろうと思ったのですか?

ジョルノ:今まではトートバック型の鞄しかなかったので、お出かけ用のミニショルダーバッグにしました。コロナウィルスで外出が減っている世の中ですが……少しでもうきうきと気分を上げてくれたらいいなぁと。

にゃんみか:新商品のアイディアはどこから思いつくのですか?

ジョルノ:Instagram や Twitter の DM に寄せられたお客様からのメッセージを参考にしながら、アイディアを出しています。最近は小さめのバッグが欲しい要望が多かったので、デザインしました。

にゃんみか:小さいバッグはスタイリッシュに決まるし、かわいいので人気ですよね!

デザインが決まるまで

にゃんみか:デザインを決めるまでの経緯を教えてください。

ジョルノ:20〜30代の女性がターゲット層なので、女性社員たちの意見を聞きながらデザインしました。全体の形は封筒をイメージしています。

にゃんみか:封筒! JOGGOらしい。

ジョルノ:サッチェル型とか縦長とか、他の案もありました。ターゲットに近い方々に聞いて封筒にしました。
封筒型にすることで、封の部分がバッグのかぶせになるので中身を守る安心感があります。小さくても最低限の必需品は入ること、ポケットも2つつけて仕切りやすくする、など使いやすさも重視しています。

にゃんみか:小さいバッグって何も入らないのが悩みなんですよね。

ジョルノ:コンパクトですが、弊社の長財布タイプのお財布も入りますよ! この隙間にスマホやリップ、薄手のハンカチなど入れてもらえれば。

こだわり、苦労したポイント

にゃんみか:女性の意見を多く取り入れたと伺いましたが、色々ありすぎてまとめられないことなかったですか?

ジョルノ:まさにお察しの通りです(笑)僕の女友達や彼女にも聞いたのですが、色んな好みがあって大変でした。

にゃんみか:やはり(笑)

ジョルノ:全員に寄り添うのは難しいので。でも、意見の共通項を探してまとめる作業はすごく楽しかったです。

にゃんみか:その上、男性だとバッグを持たないこともありますよね。想像するのは大変そう。

ジョルノ:そうなんです。バッグをデザインすること自体が初めてだったので。本当に試行錯誤の日々でした。

にゃんみか:そんなデザインのこだわりポイントを教えてください!

ジョルノ:まず、持ち手のハンドル部分です。太くしたりフカフカにしたり中に芯材を入れてみたり。革の一輪花の記事でも言いましたが、工場との伝達が難しかったです。

にゃんみか:イメージを伝えて、写真でOKしても実物が届くとなんか違うやつですね。

ジョルノ:ハンドルは大きくても目立ってしまい変だし、小さくても持ちづらいので……使いやすく、かつデザインを邪魔しないようにこだわりました。

にゃんみか:個人的にですが、2wayのバッグはショルダーで使うときにハンドルが気になります。持ち手が目立つのオシャレじゃなくて、ショルダー紐だけ使わずにしまってあることが多い(笑)

ジョルノ:このバッグも、届いたサンプルをみたら想像していたよりハンドルの主張が強めでして。何度も現地工場とやりとりをし修正しました。
次のこだわりがかぶせの部分。3色が表面に出るので、どの色をどこのパーツに選んでもかわいくなるように熟考しました。バッグを閉じたときに、浅すぎず深すぎないバランスにしています。深いとかぶせの一色だけすごく目立ってしまうんです。

にゃんみか:たしかに、おもてのかぶせがビビッドだと目立ちますね。フチとハンドルは同じ色でリンクしているんですよね?

ジョルノ:はい、加えて背面の色と3箇所リンクさせ、黄金比にしました。
ちなみに、バッグの内側も色が選べます! 14色(期間限定色を入れて15色)から選べるので、人と被らない、自分だけのオシャレを楽しめますよ。

2wayエンベロープバッグは内側の色もカスタマイズできます。

にゃんみか:内側って外から見えないけど、配色されていると開けたときテンション上がりますね!特に黄色とか派手な色だとすごくかわいい。

どんなふうに使ってほしい?

にゃんみか:お客様にはどんなときに使って欲しいですか?

ジョルノ:デートなど、今日はオシャレしたいなっていう日に使って頂けたら。フォーマルな場面にも合うと思います。

にゃんみか:女性は持ち物で情緒が変わる生き物ですからね。

ジョルノ:バッグでテンションを上げて、お出かけを楽しんで貰えたら嬉しいです!

ジョルノおすすめデザイン

彼女に贈るなら

彼女に贈りたい2wayエンベロープミニバッグデザイン。普段使いもお出かけもできるよう普段着ている服に合うようなグレージュ・エスプレッソブラウンを基本にしたカスタマイズに。
2wayエンベロープミニバッグ(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)

普段使いや、お出かけの際にコーデに合わせやすいように、彼女の普段着ている服に似合うような色味の配置にしてみました。
外側はブラウン系でまとめて、カブセを開くと中にはグリーンが見えるようにしてみました。いわゆるナチュラル系ってのになるんですかね。
皆さんのパートナーの方に好きな色を内側の色に使ってみて、隠れたこだわりや隠れおしゃれなんてのもよい気がします。
お出かけのしにくいこの頃ですが、憂鬱な気持ちを晴らすように、このカバンのコンセプトでもあるウキウキを感じてたくさん使ってもらえたら嬉しいです。

自分で使うなら

2wayエンベロープミニバッグデザイン。
2wayエンベロープミニバッグ(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)

はい、ジョルノやったー。と言われそうなこの配色。外側全面黒のこのjoggoコロシ。狂気の沙汰。joggoのデザイナーとは思えない思い切り方。
いいじゃない。黒が好きなんだもの。
しかしそれだけではありません。レトロチックなものが好きなジョルノは、中にダークレッドをあしらって、古道具感も演出。見事に自分の中の厨二病心を奮い立たせています。黒と赤は間違いないですからね。
皆さんも自分の心の奥底にある厨二病心を奮い立たせてみてください。

最後に

2wayエンベロープミニバッグが出来るまでのお話、いかがでしたか?

モノを持ち運ぶためにあるのではなく、「感動でつながりを」をテーマにしているJOGGOならではの、情緒にアプローチしたバックでした。

 皆さんはお洋服やバッグなど、身につけるものを買うときどんな思いで選びますか?

  • こんな格好をして外に出たい
  • 予定しているイベントに向けて新調したい
  • 好きな人にかわいいと思って欲しい

人は、何かしら欲しい未来のために商品を買うのだと思います。その未来に共通するのは、ご機嫌な自分でありたいという思いではないでしょうか。

配色を自由に選べるJOGGOの2wayエンベロープミニバッグ
自分だけのお気に入りのバッグを、自分にプレゼントしてみませんか?
楽しみなお出かけをより楽しい日にしてくれます。

カテゴリー
つながるコラム ものづくりとつながる モノづくりとヒトリゴト

#04.革の一輪花&封筒 誕生秘話インタビュー

こんにちは。ライターのにゃんみかです。

JOGGO(ジョッゴ)の商品である、革の一輪花と封筒。

どうして革小物でお花と封筒? どんな思いからできたのか? デザイナーのジョルノさんにインタビューしました。

革の一輪花と封筒のギフト。なぜ作ろうと思ったのか?

にゃんみか:別の記事でJOGGOに入ったら作りたいと思っていた、と拝見しました。入社前から想像していたのですね。

ジョルノ:はい、封筒はJOGGOの採用試験の頃から、花は入社後にできたアイディアです。

にゃんみか:革小物においてどちらも斬新なアイディアに感じました。どうして一輪花と封筒を提案したのですか?

ジョルノ:JOGGOは「商品を通じて人々の思いをつなげる」をテーマにしています。贈り手の気持ちを伝えられるものを作りたくて。ギフトの花の中で人気なバラと、伝える=手紙から連想し、封筒にしました。

にゃんみか:革のお花は枯れないし、封筒も紙より長持ちでいいですね。

ジョルノ:はい、気軽にスマートフォンやPCでメッセージを送れる今、手書きならではの温かさを感じます。この封筒をきっかけに手紙を贈ってもらいたいです。

デザインが決まるまで

にゃんみか:それぞれ、商品のデザインを決める上で意識したポイントを教えてください。

ジョルノ:封筒は革のためシールが貼れないので、封をする部分は差し込み式です。花は誰が見てもわかるよう、バラに。どちらの商品も配色を選べるので、贈る相手の好みにできるよう意識しました。

にゃんみか:オリジナルの特別なものなりますね。デザインが完成するまで、どんな工程だったのですか?

ジョルノ:複数のデザイン案を作成→社内ヒアリング→修正をくりかえしました。

にゃんみか:それにしても、入社1年目にしてアイディアが2つとも採用されるって凄いです!

ジョルノ:ありがとうございます。(笑)修正するときは、社外のデザイナーの師匠に相談しながら進めました。

こだわり、苦労したポイント

にゃんみか:たしかに、細かい部分までイメージ通りにするのは苦労しそう……。

ジョルノ:正直、心折れそうでした。花びらの開き方、サイズ感、茎の太さ。工場で完成した写真をみてOKしても、到着した実物をみるとアレ? って。

にゃんみか:寸法など数値を示してもすんなりいかないものなんですね。

ジョルノ:現地にいる日本語のできるスタッフに説明し、その後工場に伝えてもらうんですけど。茎の部分は曲がるようにワイヤーが入っているのですが、太すぎたこともありました。

にゃんみか:ひとつひとつ、大変だったのですね。工場とは何回やりとりしたのですか?

ジョルノ:5ラリーくらいしました。ニュアンスが伝わるまで何度も。それが楽しいところでもあるんですけどね。やりとりで3ヶ月ほどかかりました。

にゃんみか:でき上がった商品を見たときの喜びははかり知れなそう……!

ジョルノ:いや、それはもう泣きそうになりましたよ。ギリギリ泣いてないけど……とにかく歓喜でした。

にゃんみか:人生で嬉しかった瞬間、第何位になりますか?

ジョルノ:ベスト5には入ります!(笑)自分が想像していたものがそのまま形になった。苦労した分もあって、本当に嬉しかったです。

どんなふうに使ってほしい?

にゃんみか:商品をデザインしている間、妄想したストーリーとかあります?

ジョルノ:僕の彼女に贈ることを想像しました。記念日のプレゼントと一緒にあげたいなって。

にゃんみか:なんて素敵な製作の裏側!

ジョルノ:あと、封筒は結婚するときに両親へ書く手紙に使うのもいいなぁ、とか。

にゃんみか:もし自分がプレゼントされたらより感動しそうです!

ジョルノ:はい、気兼ねない場面でも、友達や家族へ贈ってもらえたらうれしいです。この一輪花と封筒は、大切な人を思う気持ちを目に見える形にしたものですので。
また、余談ですが推し活にもおすすめです。配色が選べるので、推しのメンバーカラーにできます(笑)

にゃんみか:そんな使い方も!!! たしかに、印象に残りますね。握手会で渡したら覚えてもらえそう!

大切な人にプレゼントするならこんなデザイン

ジョルノさん自身の大切な人に贈るなら、また、自分がもらうなら? デザインとそのポイントを伺いました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

両親にプレゼントするなら

両親に贈りたい革の一輪花デザイン。ふたりが好きなダークレッドとアイボリーホワイトに、グレージュとナチュラルベージュでまとまりを持たせた。
革の一輪花(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)
両親に贈りたい革の封筒デザイン。ふたりが好きなダークレッドとアイボリーホワイトに、グレージュとナチュラルベージュでまとまりを持たせた。
革の封筒(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)

コメント:両親に好きな色を聞いて、ダークレッドとアイボリーの2色だったので、一緒におしゃべりをしながら、あーでもないこーでもないと言いつつ、その組み合わせとマッチする色を選びました。年齢が50代ということもあり、奇抜になりすぎないように心がけて好きな色が映えて見えるようにしました。あの頃を思い出してもらえればなんて想いから、名入れに二人のイニシャルを入れても可愛いかもしれませんね。

彼女にプレゼントするなら

彼女に贈りたい革の一輪花デザイン。白を基調にターコイズブルー・ピーコックブルーとマスタードイエローが差し色。
革の一輪花(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)
彼女に贈りたい革の封筒デザイン。白を基調にターコイズブルー・ピーコックブルーとマスタードイエローが差し色。
革の封筒(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)

コメント:イメージが明るい子なので、全体がパッと明るいことを意識しながらカスタマイズしました。黄色い花が好きだったり、青いものをよく選んでいたり、ひと目この花や封筒を見たら、あの子との思い出が浮かんで来るような、そんな花に仕上げました。そんなことを想像して作っていたら、自分の近くに置いておきたい花になってしまったのはここだけの話。でもたまには似合うものとかより、そういう気持ちが溢れちゃうものもアリだよね。

自分がもらうなら

自分が欲しい色の革の一輪花カスタマイズ。グレージュ、エスプレッソブラウン、ナチュラルベージュをベースカラーにしたシックなトーンのバラに仕上げた。
革の一輪花(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)
自分が欲しい色の革の封筒カスタマイズ。グレージュ、エスプレッソブラウン、ナチュラルベージュをベースカラーにしたシックなトーンの封筒に見えるが、中を開けるとダークレッドが覗く。
革の封筒(画像をクリックするとシミュレータでデザインを確認できます)

コメント:古道具や落ち着いた色味のものが好きな自分はおじいちゃんカラーを選びがちです。家の雰囲気もそれらしいものなので、茶色系やベージュ系を見える部分にまとめました。封筒はかぶせを開いたところにブライトレッドを置いて、昔の雑貨感を演出しました。この前にやったパターンを見返したら両親バージョンの組み合わせと似た色味になっていて、なんだか家族だなぁとひとり思っていましたとさ。

インタビューを終えて

革の一輪花と封筒ができるまでのお話、いかがでしたか?

「感動でつながりを」をテーマにしているJOGGOならではのアイディア、デザインに感じました。

そもそも、贈り物って何のためにあるのでしょう?

あの人に大切に思っていることを伝えたい
あの人に喜んでもらいたい
あの人に笑顔になってほしい
あの人を幸せな気持ちにしたい

こういった相手へのピュアな気持ちを、贈り物がわかりやすく表現してくれるのだと思います。

贈る人、贈られる人。この一輪花と封筒が誰かの人生に彩りをあたえ、寄りそってくれる存在になりますように。そんな願いを感じる制作の裏側でした。